2 3 4 次へ  | 全169件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. AX




    デビューは1986年。それまでシトロエンのベーシックモデルであったビザに変わるモデルとして登場した。ベースは同じPSAグループのプジョー205だが、205よりも1クラス下のセグメントを受け持つという性格上、パワーユニットやホイールベースは異なっている。直4SOHCユニットはAXに搭載するために新開発されたものだ。当初は1L、1.2L、1.4Lの3ドアモデルのみというラインナップであったが、最終的には30前後のモデルが用意された。日本への導入は1989年から。1.4Lのキャブレターエンジンを搭載する3ドアスポーツハッチのGTと最上級モデルである5ドアの14TRSで、いずれもマニュアルミッション車であった。(1989.8)



  2. AX




    内装を中心としたマイナーチェンジを受けた。最も大きい変更はメータークラスターの形状が変わり、質感も共に向上したこと。また、89年の日本デビュー時は、燃料供給装置がキャブレターだったが、翌90年に日本仕様は全車インジェクション化された。これにより、GTとTRSは最高出力が同じ75psとなった。(1991.10)



  3. AX




    3ドアボディでMTのみの設定となる走りのバージョン、GTiが追加された。これは、マルチポイント式インジェクションを備えたホットモデルで、100psを発生する1.4リッターエンジンを搭載する。(1993.10)



  4. AX




    ホットモデルのGTiがラインナップから消え、再び3ドアのGTと5ドアのTRSという2グレード構成となった。スペック的な変更点はなし。また、前年の1994年、フロントグリルのダブルシェブロンマークが、若干大きなものに変更された。(1995.2)



  5. AX




    GT、TRSともに、これまでは左右両方のハンドルが選べたが、最終モデルとなる95年式ではそれも選択できなくなった。96年12月に販売を終了。後継のシャンソン(サクソ)にバトンタッチする。(1995.9)



  6. BX




    プジョーとの合併後、新世代シトロエンの旗頭として君臨し、歴史に残るモデルとなったBX。プジョー305のコンポーネンツを用いながらも、ミドルレンジセダン(5ドア)としては異例のロングホイールベースをもつ。サスペンションシステムにはシトロエン独自の世界である“ハイドロニューマチック”を取り入れるなど、今日のシトロエンらしさを築き上げた名車である。とはいえ、その個性的なスタイリングに触れずに話は始まらない。プジョーとの合併後の混乱期に企画されたBXはスタイリングを社外に委託することになった。委託先はイタリアの有名カロッツェリア、ベルトーネ社。実際にエクステリアデザインを担当したのは、当時ベルトーネに在籍し、ランボルギーニカウンタックやディアブロで名を馳せたM・ガンディーニだった。あくまで直線を基調とするスタイリングは、極めて個性的。日本への輸入は1984年から。当初は16TRSのMT車のみであったが、後に19TRSやブレーク、GTIといった仕様を追加。AT車も用意され、ラテン車として日本市場で最も成功したモデルとなった。(1989.9)



  7. BX






  8. BX






  9. BXブレーク




    プジョーとの合併後、新世代シトロエンの旗頭として君臨し、歴史に残るモデルとなったBX。プジョー305のコンポーネンツを用いながらも、ミドルレンジセダン(5ドア)としては異例のロングホイールベースをもつ。サスペンションシステムにはシトロエン独自の世界である“ハイドロニューマチック”を取り入れるなど、今日のシトロエンらしさを築き上げた名車である。とはいえ、その個性的なスタイリングに触れずに話は始まらない。プジョーとの合併後の混乱期に企画されたBXはスタイリングを社外に委託することになった。委託先はイタリアの有名カロッツェリア、ベルトーネ社。実際にエクステリアデザインを担当したのは、当時ベルトーネに在籍し、ランボルギーニカウンタックやディアブロで名を馳せたM・ガンディーニだった。あくまで直線を基調とするスタイリングは、極めて個性的。日本への輸入は1984年から。当初は16TRSのMT車のみであったが、後に19TRSやブレーク、GTIといった仕様を追加。AT車も用意され、ラテン車として日本市場で最も成功したモデルとなった。(1991.10)



  10. C2




    プジョー・シトロエングループのプラットフォーム1を採用し、日本ではエントリーモデルとなるのがC2。同じプラットフォームを使ったC3が丸みを帯びた可愛らしい4ドアデザインであるのに対し、C2は前後にスポイラーを装着するなどして、外観はスポーティなイメージに仕上げたシャープな感覚の3ドアハッチバックだ。インテリアもスポーツシートを標準装備し、乗車定員を4名に限定している。エンジンは1.4LのSOHCと1.6LのDOHCのともに直4で、いずれもセンソドライブと呼ぶ5速セミATと組み合わされる。オートヘッドライト、雨滴感知オートワイパーなど快適装備が標準だ。(2004.3)



  11. C2




    1.6Lエンジンに可変バルブタイミング機構を装着し、パワーを80kWから90kWに引き上げ、この新エンジンを搭載の1.6VTSを追加。トランスミッションは5速MTのみで、足回りにも専用のチューニングが施されている。(2006.2)



  12. C2




    ユーロ高により車両価格が改定された。オプションのレザーパッケージも価格改定されている。(2006.12)



  13. C3




    どこから見ても丸さが強調されたC3の外観デザインは、いかにも女性ユーザーを意識した印象。全長は3850mmと短いものの、全高や全幅はこのサイズとしてはゆったりした広い室内空間を確保。インテリアも随所に丸をモチーフにしたデザインが採用され、広さだけでなく心地よさも演出されている。エンジンは1.4Lと1.6Lの2機種で、1.4Lにはシーケンシャルモード付きの電子制御4速ATが1.6Lにはセンソドライブと呼ぶ2ペダルでステアリングにもシフトスイッチの付いた5速セミATが組み合わされる。デュアルモードSRSエアバッグなど6エアバッグが装着される。(2002.9)



  14. C3




    外観のスタイルパッケージや内装のコンフォートパッケージなど人気のオプション装備を標準装備化した新グレードを設定し、バリエーションを拡充した。同時にボディカラーに新色を追加し、インテリアカラー変更した。(2004.10)



  15. C3




    外観デザインはフロントのシトロエンマークを大型化し、内装は一新して質感を高めた。1.4LエンジンはSOHCからDOHCに変わってセンソドライブと組み合わされ、1.6Lエンジンはシーケンシャルモード付きの4速ATと組み合わされた。(2006.2)



  16. C3




    ユーロ高により車両価格が改定された。(2006.12)



  17. C3




    日本におけるシトロエンのエントリーモデル。緩やかなアーチを描くサイドビューや丸みを帯びボリューム感に満ちたリアなど、従来型のラウンドフォルムを継承しながらも、新たにゼニス(頂上)フロントウインドウを採用。前後長1.35m、左右幅1.43mの巨大なフロントガラスがドライバーの頭上後方までを覆うことで、広い視界による、いままでにないドライビングが追求されている。室内では、前席のシートバック、グローブボックスの形状などに工夫がこらされて、クラス最大級の空間が実現。パワートレインは、120ps/16.3kg-mを発生する1.6LのDOHC+4速ATとなる。(2010.5)



  18. C3




    内外装のデザインが一新されている。フロントグリルには左右のヘッドライトまで伸びたダブルシェブロン(シトロエンのロゴ)を採用。8スピーカーHiFiオーディオやオートエアコンが全車に標準化され、装備も充実している(2013.7)



  19. C3




    1.2L 直3DOHCエンジンと2ペダルMT「ETG5」という新パワートレインが採用されている。アイドリングストップ機構のストップ&スタートシステムの装備や約70kgの軽量化などによって、JC08モード燃費は従来型比+6.9km/Lの19.0km/Lとなっている(2014.2)



  20. C3




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  21. C3






  22. C3




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2015.2)



  23. C3




    グレードのラインナップが見直され、「C3セダクションレザー」に一本化されている。従来型のエントリーグレードにあたるセダクションに、人気のフルレザーシートが組み合わされ、16インチアロイホイールやパールメタリックペイントなども採用されている(2015.9)



  24. C3






  25. C3プルリエル




    C3をベースに5種類のボディ形状を楽しめるモデルとして作られた。標準のセダンボディのほか、ソフトトップをオープンにしたパノラミックサルーン、サイドアーチモールだけを残したカブリオレ、サイドアーチモールも外したスパイダー、さらに後部を荷室にしたスパイダーピックアップと5種類の楽しみ方が可能。共通のプラットフォームを採用するほか、外観デザインイメージはC3のものだが、ボディパネルなどは独自のものが採用されている。4人乗りの室内空間とトランクスペースは十分なものだ。1.6LのDOHCエンジンが搭載され、セミATの5速センソドライブと組み合わされる。(2005.3)



  26. C3プルリエル




    ユーロ高により車両価格が改定された。オプションのレザーシートも価格改定されている。(2006.12)



  27. C4




    際立って個性的なスタイリングを採用したミドルクラスのサルーン(ハッチバック)。このC4にはクーペもラインナップしているが、外観のデザインは大きく異なっている。サルーンは丸みを帯びたラインが特徴。インテリアも透過式デジタルディスプレーやステアリングパッドの中央部分が回転しないセンターフィックスステアリングを採用するなど、内外装とも個性的。エンジンは1.6Lと2Lの直4DOHCで、それぞれ80kWと103kWのパワーを発生する。全車にHDDナビを標準装備し、快適装備の充実度は高いうえ、2L車にはASRやESPなどの安全装が標準となる。(2005.5)



  28. C4




    ユーロ高(為替レートの変動)により車両価格が改定された。併せてオプションの価格も改定されている。(2007.12)



  29. C4




    1.6LエンジンをNAとターボ、2種類の新開発1.6Lエンジンに換装。あわせてフロントマスクを中心に外観の意匠変更が行われ、内装もデコレーションパネル素材を変更するなど、質感の向上が図られた。また、グレード体系を一新し、1.6、1.6Tエクスクルーシブの2グレード構成となった(2009.2)



  30. C4




    全世界で100万台以上を販売し、日本におけるシトロエン登録台数の45%を占めるヒット作が7年ぶりに2代目へとフルモデルチェンジした。デザイン、快適性、そして安全性が追求され、内外装ともに質感の向上が図られた。わずかに拡大された外寸に比べ、室内とラゲージルームのゆとりは大幅に向上。大人4名が快適に移動できる空間が実現された。パワートレインは、エントリーモデルには1.6Lの直4DOHC+4ATの組み合わせ。上級モデルは、同じエンジンのターボ仕様に6速EGSミッションが組み合わせ。伝統のシャーシ技術が継承され、金属バネながら、しなやかな乗り心地とナチュラルなハンドリングを両立している。(2011.7)



  31. C4






  32. C4




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  33. C4






  34. C4




    メーカー希望小売価格を見直し、新価格が適用された。(2015.2)



  35. C4




    新世代ユニットのピュアテック1.2Lターボと6速AT「EAT6」を搭載。スタート&ストップ機能も加えられ、従来モデル(1.6Lターボ+6EGS)に比べ約20%燃費が改善されている。また、ヘッドライトやリアコンビランプの意匠変更を含むフェイスリフトが施されている(2015.9)



  36. C4






  37. C4






  38. C4カクタス






  39. C4クーペ




    際立って個性的なスタイリングを採用したミドルサイズのクーペ。C4にはサルーン(ハッチバック)の設定もあるが、一段と際立ったデザインを採用するのがクーペであり、サルーンとは異なるシャープなラインを取り入れたデザインが特徴だ。インテリアも透過式デジタルディスプレイやステアリング中央部分が回転しないセンターフィックスステアリングを採用するなど、ほかのクルマにはない個性的な装備が光る。エンジンは1.6Lと2Lの直4DOHCで、それぞれ80kWと130kWのパワーを発生する。HDDナビを標準装備するなど、快適装備は充実し、2L車にはASRやESPなどの安全装備が標準となる。(2005.5)



  40. C4クーペ




    ユーロ高により車両価格が改定された。(2006.12)



  41. C4クーペ




    ユーロ高(為替レートの変動)により車両価格が改定された。併せてオプションの価格も改定されている。(2007.12)



  42. C4クーペ




    2Lエンジン搭載のVTSが廃止されるとともに、VTRもエンジンを120psを発生する新開発1.6L直4DOHCに換装。同時にボンネットやグリル、フォグランプなどのデザインが変更され、内装も素材変更による質感向上が図られた。また、外板色に新色が3色追加されている。(2009.2)



  43. C4ピカソ




    ’06年のパリサロンで発表されたシトロエンの7人乗りマルチパーパスビークル。ビジョスペースコンセプトによる、大きいフロントウインドウとガラスサンルーフによる広いガラスエリアと、広い室内空間が特徴。同クラスの約2倍の広さをもつフロントウインドウは良好な視界と、サンルーフと共に室内に開放感と明るさをもたらす。室内は3列ともクラス最大級の広さで、大人7人が十分乗れる広さ。2列目はシート幅が同じで、中央の席も狭くない。2Lエンジンに新型2ペダルMTの6速EGSと4ATの組み合わせ。リアにエアサスが採用され、乗り心地の良さと、荷物を積んだ際の挙動安定に貢献。さらに停車時にラゲージの高さが調節可能。(2007.5)



  44. C4ピカソ




    ユーロ高(為替レートの変動)により車両価格が改定された。併せてオプションの価格も改定されている。(2007.12)



  45. C4ピカソ




    1.6L直4DOHCターボ搭載の新グレードを導入。組み合わされるミッションは、4ATと6EGSの2種類。オプション装備だったパノラミックガラスルーフを含むグラスパッケージが標準装備化された。また、グレード体系を見直し、2Lモデルが廃止され、1.6Tエクスクルーシブの1グレード構成となった(2009.2)



  46. C4ピカソ




    2種類あった、ミッションを6速EGS(エレクトロニックギアボックスシステム)に一本化。またHIDヘッドライトをハロゲンに変更するなど装備も見直され、従来型より28万円の値下げとなった。(2010.4)



  47. C4ピカソ




    フロントフェイスに新デザインのダブルシェブロン(シトロエンのロゴ)が与えられた。同時にC4の車名ロゴも刷新された。また、キセノン式ヘッドライトやクリアカラーのウインカーレンズ、7個のLEDを配置したポジションランプが採用されるなど、スポーティなエクステリアとなった。室内では、シートの素材が見直され、質感の向上が図られている。(2011. 2)



  48. C4ピカソ






  49. C4ピカソ




    メーカー希望小売価格を見直し、新価格が適用された。(2015.2)



  50. C4ピカソ






2 3 4 次へ  | 全169件 1ページ