2 3 4 次へ  | 全170件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. C4






  2. C4






  3. C4カクタス






  4. C4クーペ




    際立って個性的なスタイリングを採用したミドルサイズのクーペ。C4にはサルーン(ハッチバック)の設定もあるが、一段と際立ったデザインを採用するのがクーペであり、サルーンとは異なるシャープなラインを取り入れたデザインが特徴だ。インテリアも透過式デジタルディスプレイやステアリング中央部分が回転しないセンターフィックスステアリングを採用するなど、ほかのクルマにはない個性的な装備が光る。エンジンは1.6Lと2Lの直4DOHCで、それぞれ80kWと130kWのパワーを発生する。HDDナビを標準装備するなど、快適装備は充実し、2L車にはASRやESPなどの安全装備が標準となる。(2005.5)



  5. C4クーペ




    ユーロ高により車両価格が改定された。(2006.12)



  6. C4クーペ




    ユーロ高(為替レートの変動)により車両価格が改定された。併せてオプションの価格も改定されている。(2007.12)



  7. C4クーペ




    2Lエンジン搭載のVTSが廃止されるとともに、VTRもエンジンを120psを発生する新開発1.6L直4DOHCに換装。同時にボンネットやグリル、フォグランプなどのデザインが変更され、内装も素材変更による質感向上が図られた。また、外板色に新色が3色追加されている。(2009.2)



  8. C4ピカソ




    ’06年のパリサロンで発表されたシトロエンの7人乗りマルチパーパスビークル。ビジョスペースコンセプトによる、大きいフロントウインドウとガラスサンルーフによる広いガラスエリアと、広い室内空間が特徴。同クラスの約2倍の広さをもつフロントウインドウは良好な視界と、サンルーフと共に室内に開放感と明るさをもたらす。室内は3列ともクラス最大級の広さで、大人7人が十分乗れる広さ。2列目はシート幅が同じで、中央の席も狭くない。2Lエンジンに新型2ペダルMTの6速EGSと4ATの組み合わせ。リアにエアサスが採用され、乗り心地の良さと、荷物を積んだ際の挙動安定に貢献。さらに停車時にラゲージの高さが調節可能。(2007.5)



  9. C4ピカソ




    ユーロ高(為替レートの変動)により車両価格が改定された。併せてオプションの価格も改定されている。(2007.12)



  10. C4ピカソ




    1.6L直4DOHCターボ搭載の新グレードを導入。組み合わされるミッションは、4ATと6EGSの2種類。オプション装備だったパノラミックガラスルーフを含むグラスパッケージが標準装備化された。また、グレード体系を見直し、2Lモデルが廃止され、1.6Tエクスクルーシブの1グレード構成となった(2009.2)



  11. C4ピカソ




    2種類あった、ミッションを6速EGS(エレクトロニックギアボックスシステム)に一本化。またHIDヘッドライトをハロゲンに変更するなど装備も見直され、従来型より28万円の値下げとなった。(2010.4)



  12. C4ピカソ




    フロントフェイスに新デザインのダブルシェブロン(シトロエンのロゴ)が与えられた。同時にC4の車名ロゴも刷新された。また、キセノン式ヘッドライトやクリアカラーのウインカーレンズ、7個のLEDを配置したポジションランプが採用されるなど、スポーティなエクステリアとなった。室内では、シートの素材が見直され、質感の向上が図られている。(2011. 2)



  13. C4ピカソ






  14. C4ピカソ




    メーカー希望小売価格を見直し、新価格が適用された。(2015.2)



  15. C4ピカソ






  16. グランドC4ピカソ




    シトロエンの7人乗りMPV。C4ピカソからグランドC4ピカソへと名称されている。エクステリアでは、横に広く伸びるダブルシェブロンから連なる薄型LEDヘッドランプが特徴的。インテリアでは開放的な空間が演出され、センター部に配置された12インチと7インチのフルデジタルスクリーンにより未来的なイメージがポイントとなる。搭載するエンジンは最高出力165ps/最大トルク240N・mを発生する1.6Lの直4ターボ。6速ATと組み合わされ、燃費・環境性能も向上している(2014.10)



  17. グランドC4ピカソ




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2015.2)



  18. グランドC4ピカソ






  19. C5




    シトロエンの上級セダン。外観はシトロエンの新しい方向性を示すデザインで、異形のクリアヘッドライトとダブルシェブロンを強調したフロントマスクが特徴。セダンスタイルながらリアはハッチバックドアを採用し、独特の使い勝手を実現する。FFの駆動方式を生かした室内空間はアッパーミドルサルーンとしても広々としたものだ。シトロエン独自の電子制御油圧式サスペンションであるハイドラクティブIIIを採用し、新しい次元の快適な乗り心地を実現した。エンジンは2Lの直4と3LのV6の2機種で、ともにシーケンシャルモード付き4速ATが組み合わされる。(2001.7)



  20. C5




    3LのV6エンジンを搭載したエクスクルーシブの価格を30万円引き下げるとともに、オプションのレザーシートも6万円引き下げた。また2Lエンジンの搭載車にはレザーパッケージを追加した。(2003.3)



  21. C5




    2Lの直4エンジン搭載車の価格を引き下げるとともに、V6エンジン搭載のエクスクルーシブは従来オプション設定だったレザーシートを標準装備化して割安感のある価格設定とした。(2004.1)



  22. C5




    ボディサイズを拡大してトランク容量を増やすとともに、外観に変更を加えた。インテリアも新型メーターの採用やカラーリングの変更を行った。2Lエンジンを可変バルブタイミング機構付きとし、V6エンジンには6速ATを組み合わせた。(2004.11)



  23. C5




    サイドウインドウのガラスを合わせガラスのラミネーティッド・サイドウインドウとするとともに、遮音性能を強化したフロントガラスを採用することで、室内の静粛性を大幅に高めた。サイドガラスの合わせガラス化は防犯効果もある。(2005.8)



  24. C5




    ユーロ高により車両価格が改定された。オプションのレザーパッケージやサンルーフも価格改定されている。(2006.12)



  25. C5セダン




    08年1月に欧州でデビューを果たしたシトロエンのアッパーミドルクラスモデルC5の2代目。プジョー407と同じ、シトロエン・プジョーPSAグループの乗用車用FFプラットフォームを使用。BX以来のハッチバックサルーン方式(5ドアセダン)ではなく、4ドアノッチバックとされた。クロームで際立たせたダブルシェブロンをもつフロントデザインやセンターパッド固定式ステアリングなど、個性的で洗練された内外装が特徴的。窒素ガスとオイルを使った“伝統”のサスペンションの最新版、ハイドラクティブ3プラスももちろん装着された。日本には3Lエンジンに6ATを組み合わせた3.0エクスクルーシブと、2L+4ATの2.0を用意。(2008.8)



  26. C5セダン




    地デジ対応のHDDナビゲーションシステムとETC、VICSビーコンが標準装備された。また、フロントにUSB入力端子を備えたロゴ入りのAM/FMチューナー付きCDプレイヤーも装備。これら合せて約34万円相当の装備向上が図られたが、価格は15〜20万円の上昇に抑えられている。(2009.10)



  27. C5セダン




    パワートレインが、従来型の2.0Lエンジン+4速ATから、1.6Lのダウンサイジングターボ+6速ATに変更された。エンジンは、従来型比でパワー/トルクともに向上。ATは従来型C5 3Lモデルに搭載されていたものの第2世代にあたる摩擦低減型で、日本での走行状況に考慮されたものだ。(2010.5)



  28. C5セダン




    フロントヘッドライトにLEDポジションランプを、リアコンビランプのカラーリングを変更するなど、灯火類のデザインを一新。デザイン性が強調された。また、各駆動輪の滑りを検知し、走行を補助するインテリジェントトラクションコントロールが新たに装備されている。また、この変更を機に10万〜25万円のプライスオフが実施された。(2011.3)



  29. C5セダン




    シトロエンのブランドロゴであるダブルシェブロンのデザインなどが変更された。また、ベーシックモデルの「セダクション」に新デザインの17インチアロイホイールを採用。新色「ブラン ガラン(ダークブラウン)」もラインナップされた(2012.10)



  30. C5セダン




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2013.7)



  31. C5セダン






  32. C5セダン






  33. C5セダン




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2015.2)



  34. C5ツアラー




    08年1月に欧州でデビューしたアッパーミドルクラスモデル、C5のステーションワゴン版。ブレークと呼ばれていた先代より一回り大きくなった。クロームを用いた大型のダブルシェブロンが特徴的な外観は、ルーフラインからリアエンドにいたる流れるようなデザインとなっている。曲線と直線を組み合わせたデザインの室内には、センターパッド固定式ステアリングなどを装備する。窒素ガスとオイルを使った伝統のサスペンションの最新版、ハイドラクティブ3プラスも装着。姿勢を一定に保つセルフレべリング機構、車高を調整するハイトコントロール機能なども採用された。3Lエンジンに6ATを組み合わせた3.0エクスクルーシブと、2L+4ATの2.0を用意。(2008.8)



  35. C5ツアラー




    地デジ対応のHDDナビゲーションシステムとETC、VICSビーコンが標準装備された。また、フロントにUSB入力端子を備えたロゴ入りのAM/FMチューナー付きCDプレイヤーも装備。これら合せて約34万円相当の装備向上が図られたが、価格は15〜20万円の上昇に抑えられている。(2009.10)



  36. C5ツアラー




    パワートレインが、従来型の2.0Lエンジン+4速ATから、1.6Lのダウンサイジングターボ+6速ATに変更された。エンジンは、従来型比でパワー/トルクともに向上。ATは従来型C5 3Lモデルに搭載されていたものの第2世代にあたる摩擦低減型で、日本での走行状況に考慮されたものだ。(2010.5)



  37. C5ツアラー




    フロントヘッドライトにLEDポジションランプを、リアコンビランプのカラーリングを変更するなど、灯火類のデザインを一新。デザイン性が強調された。また、各駆動輪の滑りを検知し、走行を補助するインテリジェントトラクションコントロールが新たに装備されている。また、この変更を機に10万〜25万円のプライスオフが実施された。(2011.3)



  38. C5ツアラー




    シトロエンのブランドロゴであるダブルシェブロンのデザインなどが変更された。また、ベーシックモデルの「セダクション」に新デザインの17インチアロイホイールを採用。新色「ブラン ガラン(ダークブラウン)」もラインナップされた(2012.10)



  39. C5ツアラー




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2013.7)



  40. C5ツアラー






  41. C5ツアラー






  42. C5ツアラー




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2015.2)



  43. C5ブレーク




    エレガントなサルーンのデザインをベースに、全長を140mm延長しステーションワゴン。ラゲージスペースは標準状態の563Lからリアシートを倒した状態の1658Lまで変化し大きな容量を誇る。バンパー上から開くバックドアやフラットでスクエアな形状によって使い勝手も抜群。エンジンは2Lの直4で駆動方式はFFのみだ。シトロエン独自の電子制御油圧式サスペンションのハイドラクティブIIIが採用され、乗員数や荷重の変化にかかわらず、最適なロードホールディングと快適な乗り心地を実現する。(2001.8)



  44. C5ブレーク




    3LのV6エンジンを搭載したエクスクルーシブの価格を30万円引き下げるとともに、オプションのレザーシートも6万円引き下げた。また2Lエンジンの搭載車にはレザーパッケージを追加した。(2003.3)



  45. C5ブレーク




    V6エンジン搭載の3.0エクスクルーシブに、従来はオプション設定だったレザーシートを標準装備化するととにも、割安感のある価格に設定して発売した。(2004.1)



  46. C5ブレーク




    ボディサイズを拡大してトランク容量を増やすとともに、外観に変更を加えた。インテリアも新型メーターの採用やカラーリングの変更を行った。2Lエンジンを可変バルブタイミング機構付きとし、V6エンジンには6速ATを組み合わせた。(2004.11)



  47. C5ブレーク




    サイドウインドウのガラスを合わせガラスのラミネーティッド・サイドウインドウとするとともに、遮音性能を強化したフロントガラスを採用することで、室内の静粛性を大幅に高めた。サイドガラスの合わせガラス化は防犯効果もある。(2005.8)



  48. C5ブレーク






  49. C6




    XMの後継車となるシトロエン久方ぶりのフラッグシップモデル。フロントオーバーハングが長く、リアが短いという、独特のスタイリングが魅力。リアガラスに使用されている、後方の視認性が良い凹面ガラスは、2世代前の旗艦モデルCX(1974年発表)でも使われていた意匠だ。クラス最高レベルとなる2.9mのロングホイールベースのおかげで、広くゆったりとした室内空間を実現した。さらにガラスの間に樹脂を挟み込んだラミネーテッド・サイドウィンドウを採用、静粛性と衝突時の安全性も高めた。サスペンションにオイルと圧縮空気を使った新しいハイドロニューマチックサスペンションを採用。エンジンはV6の3Lで、6ATとの組み合わせだ。(2006.10)



  50. C6




    ステアリング位置を電動調節できる、電動チルト/テレスコピックステアリングが標準装備された。これには乗降時にステアリングが自動で上下する、イージーアクセス機能も採用される。(2007.9)



2 3 4 次へ  | 全170件 1ページ