2 3 4 5 6 7 次へ  | 全320件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. MAX




    全高を1550mmに抑えタワーパーキングにも入庫可能としたセミトールスタイルの4ドアハッチバック。ムーヴのような箱型ではなく、リアに向かってなだらかに傾斜するルーフ、ボリュームのあるフェンダーラインなど、軽自動車に多いスペース効率優先とはひと味違うスタイルを採用。エンジンは直3のDOHCとターボ、それに直4のターボを用意。ターボエンジンを搭載するRとRSはスポーツチューンドサスを採用し、ミッションは5MTのほかマニュアルモード付きのアクティブシフト4ATを設定。なかでもRSの4WD車は軽初となる“サイバー4WDシステム”を搭載する。(2001.10)



  2. MAX




    新デザインの前後バンパーを採用。同時にインテリアも従来のブルー系に加えベージュ系のシート表皮、ホワイトメーター、ツートーがンカラーのインパネに変更された。グレードNA2モデル、ターボ2モデルに集約された。(2003.8)



  3. YRV




    ストーリアをベースにスポーティ色を強く押し出したYRV。エッジの利いたクサビ形のスタイルもさることながら、走行性能はこのクラスとしては唯一無二の存在だ。特にトップモデルの1.3Lの直3ターボエンジン搭載車は、140psを誇る最高出力と軽量なボディによって強烈な加速を体感できる。そのほかNAの1.3Lと1Lモデルもラインナップ。足回りは全車ヨーロッパのロードテストによって鍛え抜かれた専用スポーツチューンドサスを採用。キビキビとしたハンドリングを実現している。ミッションは5MTと4AT、FFのほか4WDモデルも用意されている。(2000.8)



  4. YRV




    女性がターゲットのパルコシリーズを追加。オーディオなど装備を充実させたほか、専用の内装色やライトローズメタリックのボディカラーが用意された。一方、スポーティ派向けには専用サスやBBS製ホイールなどを装備したターボRが登場した。(2001.12)



  5. YRV




    パルコシリーズおよび1Lエンジン搭載車を廃止。1.3Lエンジンもこれまでの直3から、すべて直4に変更された。グレードは、ベースグレードとなるL、装備充実のX、走りを重視したターボXの3グレードに集約された。(2002.12)



  6. アトレー






  7. アトレー






  8. アトレー






  9. アトレー






  10. アトレー






  11. アトレー






  12. アトレー






  13. アトレー






  14. アトレー






  15. アトレー






  16. アトレー




    軽の新規格に合わせてセミキャブオーバースタイルを採用し、スペース効率に優れたミニバン。広く快適な室内&ラゲージスペースを実現させ、長距離ドライブでも快適な乗り心地をもつ。ジウジアーロデザインによるベーシックモデルのほか、メッキパーツなどアメリカンテイストを取り入れたカスタムをラインナップ。エンジンは660ccの直3で、DOHCモデルは5MT/3ATが、ターボモデルには5MT/4ATがそれぞれ組み合わされる。全モデルに2WDとフルタイム4WDを設定。装備も充実しておりエアコン、パワステ、パワーウインドウ、パワードアロック、AM/FMステレオが全車に標準装備となる。(1999.1)



  17. アトレー




    1999(H11)年6月に乗用系をアトレーワゴンとし、アトレーは純粋な商用車となった。そのためグレードが一新され、CLの1グレードに。エンジンは直3NAでミッションは5MT/3AT。助手席用の乗降グリップが標準化された。(2000.2)



  18. アトレー




    前後バンパー、フロントグリル、リアランプなどのデザインを変更。同時にフロントシート回りの形状を変更し乗降性を向上させた。またハザードスイッチの配置変更や室内の静粛性の改善、AT車の燃費向上などが実施された。(2001.1)



  19. アトレー7






  20. アトレー7






  21. アトレー7






  22. アトレーワゴン




    軽の規格変更に合わせて登場したコンパクトサイズのミニバン。このアトレーワゴンは既発売のアトレーをより乗用車ライクに仕上げたモデルだ。ベーシックモデルのほかにアメリカンなイメージを演出した“カスタム”が用意されており、こちらはロールーフ&ルーフレール、メッキパーツ、マルチリフレクターヘッドランプなどを装着している。直3NAモデルは5MT/3AT、ターボモデルは5MT/4ATがそれぞれ組み合わされ、全モデルに2WDと4WDが設定されている。ワゴンのネーミングが示すとおり、ロングスライド&リクライニング機構を採用したリアシートで、多彩なシートアレンジが楽しめる。(1999.6)



  23. アトレーワゴン




    ハイルーフボディをベースとしたカスタム系に開放感あふれる大型電動ガラスサンルーフ付き車を設定。またベーシックモデルにもターボエンジン搭載車を追加。乗降用グリップが設けられたほか装備を充実させた。(2000.2)



  24. アトレーワゴン




    前後バンパー、ヘッドランプなどのデザインを変更。カスタム系はメタル調センタークラスターやステアリング、13インチアルミホイールなどを標準装備。同時にフロントシート回りの形状を変更することで乗降性を向上。お買い得グレードを追加した。(2001.1)



  25. アトレーワゴン




    NAエンジンの出力を向上し、MT車が50ps、AT車が53psとなった。ターボエンジンはトルクを向上。同時に足回りの見直しが行われている。また、一部グレードではATを電子制御化することで燃費も改善されている。(2002.1)



  26. アトレーワゴン




    2WD、4WDともに各4グレードに集約。NAはCXのみとなり、そのほかターボ車となった。同時にカスタムターボ、ツーリングターボは装備の見直しを行い、価格が引き下げられた。シート表皮が変更され、ドアトリムも新デザインとなった。(2003.6)



  27. アトレーワゴン




    デビュー以来、ロングセラーとなっているセミキャブスタイルの軽ミニバン。先代モデルから新軽規格となったことで室内の居住性が向上しているが、この新型ではインパネのコンパクト化に加え、ダッシュボードシフト&足踏み式パーキングブレーキ、フラットな低床フロア、タイヤハウスの小型化などにより、さらなる居住性と積載性の向上が図られている。その室内空間の広さは軽自動車ながら大人4人が余裕をって座れるほど。エンジンは64psを発生する直3ターボのみで、駆動方式はFRとフルタイム4WDを用意。上級グレードのRSはディスチャージヘッドランプが標準装備だ。(2005.5)



  28. アトレーワゴン




    外観はフロントバンパーやグリルをワイド感のあるデザインに変更し、リアコンビランプはクリアレンズが採用された。室内はベージュ基調の明るい色とし、専用2トーンインパネを装着する。RSリミテッドにはパワースライドドア(左側)も標準装備し、エンジンも新型にスイッチされた。(2007.9)



  29. アトレーワゴン




    JC08コールドモード排出ガス基準対応となった。また、上級グレードに荷室アクセサリーソケット(カスタムターボRS、カスタムターボRS“Limited”)や、荷室蛍光灯(カスタムターボRS“Limited”)が標準装備され、荷室作業時の利便性の向上が図られている。(2010.8)



  30. アトレーワゴン




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  31. アトレーワゴン




    電子制御スロットルや電子制御4ATの採用などにより、全車で平成27年度燃費基準を達成。さらに、スペシャルクリーンの2WDモデルはエコカー減税の対象となっている(2015.4)



  32. アトレーワゴン




    フロントウィンドウにIR&UVカットガラス、フロントドアウインドウにスーパーUV&IRカットガラスなどが備わるビューティーパックが設定されている。また、純正ナビなどの装着用プリワイヤーハーネスの追加や、スピーカーサイズの拡大、新色の追加などが行われている(2015.11)



  33. アトレーワゴン






  34. アプローズ




    シャルマンの後継車として誕生したダイハツのフラッグシップモデルとなる普通乗用車。一見、4ドアセダンに見えるが、実はトランクに見える部分は大型のテールゲートとなっており、実は5ドアハッチバックなのだ。リアシートにはリクライニング&ダブルフォールディング機構が採用されており、居住性と実用性の両面で優れている。エンジンは1.6Lの直4で電子制御EFIもしくはキャブレター式の2タイプ。ミッションは5MTと4ATで、駆動方式はFFとビスカスLSD付きセンターデフ式フルタイム4WDを設定している。(1989.7)



  35. アプローズ




    名称をアプローズシータに変更。上級グレードにブロンズガラスやリアスポイラー、キーオフ後も動作が可能なパワーウインドウを採用。同時にシート&ドアトリムの生地も変更された。また、装備充実の新グレードを設定している。(1990.10)



  36. アプローズ




    名称からシータが外れアプローズに戻った。エクステリアは前後バンパーの大型化により全長を50mm延長。ドアミラーやフロントグリルのデザインも一新。インテリアはサイドインパクトバーやシートベルト警告灯などを全車に標準装備された。(1992.7)



  37. アプローズ




    エアコンの冷媒をこれまでの特定フロンからR134aに変更。環境問題に対応した。廉価グレードの16Riと16Siはこれまでオプションだったエアコンを標準装備とした。(1993.8)



  38. アプローズ




    クラッシャブル構造を取り入れるとともに前後ELR3点式シートベルト、衝撃吸収パッド付きステアリングなどを標準化するとともに、運転席SRSエアバッグを全車にオプション設定とした。またフロントグリル&テールランプのデザインが変更された。(1994.4)



  39. アプローズ




    前後バンパーやグリル、ヘッドランプ、バックドアなどのデザインを一新。新デザインのインパネに加えブラウン系の新シート表皮など、インテリアも大幅に変更。運転席&助手席SRSエアバッグや衝撃感知ドアロックシステムなども標準装備となった。(1997.9)



  40. アルティス




    アルティスはトヨタカムリのOEMモデルで、3ナンバーサイズのミドルセダンだ。エンブレムなどが異なるものの、そのほかはほぼベース車のまま。FFの特性を生かした室内空間の広さと、大容量のラゲージスペースはそのまま受け継がれた。2.2Lの直4エンジンを搭載し、駆動方式はFFと4WDの2種類を用意。4WDシステムは前後輪の回転差が生じたときのみ駆動力を配分する方式。ミッションはFFが4AT、4WDはインテリジェントタイプの4ATとなる。運転席のパワーウインドウとトランクオープナーが付いたキーレスエントリーなど、便利な装備が充実しているのも特徴だ。(2000.3)



  41. アルティス




    ベースモデルであるカムリのモデルチェンジに合わせて、アルティスも新型へ切り替わることになった。ボディは先代よりさらに一回り大型化し、ラージクラスに匹敵する居住性とラゲージスペースを手に入れている。エンジンは排気量を200ccアップし2.4Lの直4となり、可変バルブタイミング機構などの採用により最高出力が19ps、最大トルクは2.9kg-mも向上している。ミッションは全車インテリジェントタイプの4AT、“スーパーECT”となり、低燃費とレスポンスに優れた走りを実現。上級グレードには電子制御サスペンション“インフィニティTEMS”を採用した。(2001.9)



  42. アルティス




    トヨタカムリのOEM車である4ドアセダン。先代モデルから全長はそのままに全幅とホイールベースを拡大し、より快適な室内と広大なラゲージスペースを実現。さらに全高を20mm下げることでボリューム感を増している。エンジンは新設計の2.4L直4DOHCを搭載。駆動方式はFFと4WDが用意され、ミッションはFFが電子制御の5AT、4WDは電子制御4ATとなる。グレードは駆動方式の違いのみで、全車にデュアルステージ、ニー、サイド、カーテンシールドと4カ所のSRSエアバッグを標準装備。さらに4WDモデルにはVSC&TRCが標準と充実した安全装備を誇る。(2006.1)



  43. アルティス




    トヨタ カムリのマイナーチェンジに合わせ、OEM供給車であるアルティスも同様の変更を実施。内外装のリフレッシュが行われるとともに、FFモデルにVSCやTRCが標準装備されるなど、安全性の向上が図られている。また、自動防眩ルームミラーやAUX端子なども新たに採用された。(2009.1)



  44. アルティス






  45. アルティスハイブリッド




    ダイハツ初のハイブリッドセダン。トヨタからのOEMモデルであり、2011年9月にハイブリッド専用セダンとして生まれ変わったトヨタ カムリがベースとなる。高級感と先進性を調和させたフロントビューや躍動感を感じさせるサイドビューなどで、一目で高級感を印象づける存在感あるセダンスタイルを実現。パワートレインは、カムリと同様の可変バルブシステム、VVT-iなどが採用された2.5Lアトキンソンサイクルエンジンにリダクションギアが組み込まれたハイブリッドトランスミッションとの組み合わせによる新世代のTHS IIシステム。このシステムによる燃費性能はJC08モード燃費23.4km/Lという優れた数値を実現している(2012.5)



  46. アルティスハイブリッド




    リアサイドおよびバックにUVカット機能付きソフトプライバシーガラスクルーズコントロールを標準採用。また、オプションで車線変更時の後方確認をサポートするブラインドスポットモニターを用意した(2012.9)



  47. アルティスハイブリッド




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  48. アルティスハイブリッド




    フロントグリル、前後バンパー、前後燈火類などエクステリアのデザインが変更されている。内装でも、メーターに4.2インチTFTカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイが採用されるなど、イメージが刷新されている(2014.9)



  49. アルティスハイブリッド




    外装ではリアバンパーにメッキモールが加飾され、内装でもエアコンレジスターの加飾やシフトノブの意匠変更などが実施され、質感が向上している。また、ウインドシールドおよびフロントガラスにIR(赤外線)カット機能が備えられている。さらに、サンバイザーにチケットホルダーも追加されている(2015.10)



  50. ウェイク




    全高1835mmという長身な軽トールワゴン。企画段階から45の使用シーンを想定し、各シーンで最適な車であることを目標に開発されている。室内高も1455mmと高く、軽最大の室内空間「ウルトラスペース」を実現。レジャーシーンで活躍する様々な装備やオプションが用意されている。エンジンラインナップは、ダイハツ独自の環境技術であるe:S(イース)テクノロジーを導入したNAとターボ。前車はJC08モード燃費25.4km/Lを実現し免税対象に、後者も減税対象になっている(2014.11)



2 3 4 5 6 7 次へ  | 全320件 1ページ