2 3 4 5 6 次へ  | 全290件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. cross up!




    スモールカーのup!にクロスオーバールックの専用パーツを用いたモデル。シルバーのフロント&リアバンパー、ホイールハウスエクステンション、ブラックサイドモールディング、シルバードアミラー、シルバールーフレールなどを装備している。タイヤも16インチの専用アルミが採用され、最低地上高が10mm上昇。内装もレザーステアリングなど上級装備が与えられている。エンジンは、アップ!と同様に、アイドリングストップとブレーキエネルギー回生システムがついた「ブルーモーションテクノロジー」を搭載。JC08モード燃費は25.2km/Lとなっている(2015.8)



  2. cross up!






  3. up!




    フォルクスワーゲンのエントリーモデル。上級のポロと比べて、全長−450mm/全幅−35mmという軽自動車+αのサイズながら、タイヤをボディの四隅に配置し、エンジンのレイアウトを見直し、広々とした居住空間を得ている。超高張力鋼板の採用やESP(横滑り防止装置)、フロントサイドエアバッグ、シティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)などを採用し、高い安全性能が与えられている。ラインナップは2ドアと4ドアの2ボディを用意。パワートレインは、1Lの直3DOHCと重量わずか30kg以下という2ペダル式5速MT(ASG)との組み合わせで、JC08モード:23.1km/Lという優れた燃費性能を実現している(2012.10)



  4. up!




    メーカー希望小売価格を見直し、一部グレードに新価格が適用された。(2013.5)



  5. up!




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  6. up!




    アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムを搭載した独自の「ブルーモーションテクノロジー」を標準装備。フォルクスワーゲン車で過去最高となるJC08モード燃費25.9km/Lを達成している。また、ボディバリエーションなども見直されている(2015.6)



  7. up!






  8. e-ゴルフ






  9. アルテオン






  10. イオス




    25秒で開閉する電動ハードトップで、開放的なオープンと耐候性の高いクーペの両方が楽しめるCCモデル。5分割開閉式のルーフシステムが特徴で、スライディングガラスルーフ機能も備わる。フロントマスクは2003(H15)年のフランクフルトショーで発表された「コンセプトR」の意匠が用いられる。ワイド&ローのスポーティなデザインながら、実用的なリアトランクなどがVWらしい。アンダーボディにアルミ製強化シェル、リア部分にV字補強材など徹底的に強化された専用のモノコックボディを採用。エンジンは3.2Lと2Lターボを用意し、クラッチ操作のいらないセミATの6速DSGを組み合わせる。走りにもこだわったスポーティなCCである。(2006.10)



  11. イオス




    ユーロ高(為替レートの変動)により車両価格が改定された。(2007.11)



  12. イオス




    キセノンヘッドライト、コーナリングライト、パークディスタンスコントロール、オプティカルパーキングシステム、HDDナビを標準とし装備の充実を図った。シート生地もスポーティな新デザインとされている。(2008.9)



  13. イオス




    原材料価格の上昇などにより、車両価格が9万円値上げされた。(2009.1)



  14. ヴァナゴン




    91年モデル投入。車名をこれまでの「カラベル」から「ヴァナゴン」に変更している。(1990.10)



  15. ヴァナゴン




    従来から親しまれていた7人乗りワンボックスワゴンのヴァナゴンは、駆動方式をこれまでのRRからFFへ180度転換。これによるフラットで低いフロアが、使い勝手のよい空間と十分な荷物スペースを実現している。同時にフロント部にクラッシャブルゾーンが生まれ、高剛性のキャビン部、ABSに代表されるアクティブセーフティ装備などと相まって高い安全性を確保している。エンジンは横置き直5SOHC、2.5L。ミッションは4ATとなる。(1993.11)



  16. ヴァナゴン




    95年モデルとなり、ハイマウントストップランプが標準装備化された。(1994.12)



  17. ヴァナゴン




    96年モデルになって、右サイドミラーを広角タイプに変更。花粉出すと除去機能付きのフレッシュエアフィルターも採用された。(1995.10)



  18. ヴェント






  19. ヴェント




    93年モデルとなって、さらに装備を充実。日本での使用状況に合わせてバッテリー容量をアップしたほか、リアヘッドレストやエアコンフレッシュエアフィルターを装備。CLiには無段階調節間欠ワイパー、読書灯、チルト機構付ステアリングを採用した。またGLiでは助手席サンバイザーの裏側に照明付バニティミラーを追加している。(1992.10)



  20. ヴェント




    外観ではラジエターグリルをボディ同色としてデザインを変更、またホイールデザインも変更されている。安全面では、全車で前席左右エアバッグ、ハイマウントストップランプを標準装備化。従来VR6だけの設定だったABSも全車標準となった。またフロントシートのスライド量を18mm増加させてより適切なポジションを取りやすくしたほか、CLiにはリアパワーウインドウが追加された。(1993.10)



  21. ヴェント




    95年モデルからはCLi、GLi、VR6の3車種で、全車にフロントシートベルトテンショナー、照明消し忘れブザー、盗難防止装置を標準装備とした。またVR6は従来の左ハンドル仕様から右ハンドルに切り替えられている。(1994.12.)



  22. ヴェント




    96年モデルからはフロントグリルを最上級モデル、パサートと同一デザインに変更。またGLiではフルカラードバンパー、CLiではカラードバンパーとした。両グレードともダークテールレンズやフルホイールキャップを採用したこともあり、外観の印象を大きく変えている。装備ではGLi、CLiにルーフアンテナを標準装備、オーディオもデザインが変更された。(1995.10)



  23. ヴェント




    GLiの2Lエンジンは圧縮比を抑え、カムプロフィールを変更したことにより、アイドリング回転のスムーズ化を実現。最大トルク発生回転数が下がり低速域での扱いやすさが向上している。このほかCLiはフロントディスクブレーキをベンチレーテッド化し、ボディカラーには新色キャンディホワイトが追加された。(1996.9)



  24. ヴェント






  25. ヴェント




    フロント/リアパワーウインドウに挟み込み危険防止機能を装備。またシリーズ全てにフットレストを採用した。(1997.7)



  26. クロスゴルフ




    ゴルフの全高を85mm高めたトールサイズのハッチバック、ゴルフプラスをベースにSUVテイストに仕上げられたクロスオーバービークル。日本には500台の限定とされた。専用サスペンションにより15mm高い最低地上高をもつ外観は、シルバーの前後バンパーやサイドプロテクションモール、ルーフレールなどを装着。2トーンカラーで仕上げられ、アクティブなイメージとされている。室内は専用内装色のダークアイスシルバーを採用、専用ステアリングやスポーツシートなどでも演出された。エンジンは1.4Lの直噴にターボとスーパーチャージャーという2つの過給器を備え、燃費と走りを両立するTSIを搭載。6速DSGが組み合わせられる。(2007.12)



  27. クロストゥーラン




    SUVスタイルで好評のクロスポロに続くクロスシリーズ第3弾。スタイリッシュな外観が特徴で、専用にデザインされた前後バンパーやバイキセノンヘッドランプ、樹脂製のフェンダーアーチなどが採用されている。装備も充実しており、フォルクスワーゲン純正ナビ「712SDCW」や、リアビューカメラ、パドルシフト、2 ゾーンフルオートエアコン(運転席/助手席独立温度調整、自動内気循環機能付)などが標準採用されている。パワートレインは、ターボとスーパーチャージャーによるツインチャージャーの1.4L直噴TSIエンジンと、フォルクスワーゲン独自のトランスミッションである7速DSGとの組み合わせ。燃費性能も優れJC08モードで14.0km/Lを実現している(2012.11)



  28. クロストゥーラン




    装備が見直され質感が向上している。シートはブラック&グレーの2トーンで、ファブリックとアルカンターラの組み合わせに変更されている。ドア内張りもグレーのアルカンターラとなり、ステアリングなどのステッチも変更されている。エクステリアでは、17インチのアルミホイールが新デザインとなっている(2014.1)



  29. クロストゥーラン




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  30. クロストゥーラン




    メーカー希望小売価格を見直し、新価格が適用された。(2015.1)



  31. クロスポロ




    全長4m以下の5ナンバーコンパクトモデル、ポロをベースにSUV仕立てされたクロスオーバービークル。日本初導入となるが、先代ポロにも当該モデルはラインナップされていた。前後バンパーを専用品にして、アンダーガード風に一部をシルバーに塗装。ボディ下部とフェンダーアーチモールをブラックプラスチックにして、ルーフレールを追加した。カラフルなボディカラーは全5色用意され、オレンジとライムの2色は、インテリアも同色系のファブリック素材にコーディネイトされる。サイドサポートのシッカリしたスポーツシートへの乗降性は、専用サスペンションにより20mm車高がアップしたことで向上した。駆動方式はFFのみ。エンジンは1.6L直4+6ATの組み合わせになっている。(2006.9)



  32. クロスポロ




    原材料価格の上昇などにより、車両価格が3万円値上げされた。(2009.1)



  33. クロスポロ




    2010年6月に変更が施されたポロTSIをベースに、車高をアップするなどSUVテイストが盛り込まれたVW独自のクロスモデル。エクステリアでは、シルバーのルーフレールの採用や、ホイールアーチをはじめ、前後バンパーやサイドスカートなどボディ下部が黒の樹脂製パーツで覆われるといった演出が施されている。インテリアは、ツート−ンカラーファブリック/スポーツシート、アルミ調ペダルクラスターなどが採用されている。ボディカラーは専用色、マグマオレンジを含む計4色を用意。パワートレインはベースのポロと同様の1.2LのSOHCのTSIシングルターボ+7速DSGで、10・15モードは18.6km/Lを実現。50%のエコカー減税対象となっている。(2010.7)



  34. クロスポロ




    メーカー希望小売価格を見直し、新価格が適用された。(2013.5)



  35. クロスポロ




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  36. クロスポロ






  37. クロスポロ




    メーカー希望小売価格を見直し、新価格が適用された。(2015.1)



  38. クロスポロ




    Apple CarPlay、Android Autoに対応しスマートフォンとの連動を容易する「アップコネクト」が、ミラーリンク対応の純正オーディオ「コンポジションメディア」に組み込まれている(2015.7)



  39. クロスポロ






  40. コラード




    タイヤが185から195へ、アルミホイールも6J×15から6.5J×15にサイズアップされた。また内装ではチルト式ステアリングコラムを採用した。安全装備としては左右の路面抵抗が違う場所でのスピンを防ぐEDSを採用。このほかギア比も変更されている。(1990.10)



  41. コラード




    外観ではフロントグリルのフィンを7本から4本へ、またボンネットのプレスラインは凹み型から凸型にデザイン変更された。サイドプロテクションモールの厚みも約5mm増加して、全幅は10mm広がっている。機能面では燃料タンク容量を55Lから70Lにアップ、時間調整式間欠ワイパーも採用された。(1991.10)



  42. コラード




    前年7月から投入されているVR6はアルミホイールをスピードライン社製5本スポークに変更、インパネに油圧計、電圧計が装備された。同時に2L直4DOHCエンジンを搭載した新グレード、16Vを追加。V6・3Lエンジンを搭載したVR6の余裕ある走りに対して、こちらはレスポンスの良さを生かした軽快な走りが特徴だ。ミッションは5MTと電子制御4ATが用意される。(1993.1)



  43. コラード




    外観ではハイマウントストップランプを追加し、エンブレムをシルバーに統一。インテリアでは16Vにチルトステアリングを設定し、シート生地とドアトリム生地を新デザインに変更している。このほか速度感応式電動リフトアップリアスポイラーの作動速度は70km/hから90km/hに引き上げられた。(1993.10)



  44. コラード




    95年モデルでは16Vがラインナップから消え、VR6のみとなった。装備では運転席および助手席のエアバッグ、フロントシートベルトテンショナー、盗難防止装置が標準装備に追加されている。(1994.12)



  45. ゴルフ






  46. ゴルフ




    全車でオーディオシステムを4スピーカーから6スピーカーに変更、全6色のボディカラーのうち、ブルーとグレーを新色に切り替えている。またドアハンドルのトリムをクロームからブラックに(GTI 16Vを除く)、GTI 16Vではシートとドアトリムの柄を変更するなどの手直しが施された。同時にCLディーゼルは2ドアが廃止となり4ドアのみとなった。(1990.10)



  47. ゴルフ




    細部を変更した92年モデルを発売(1991.11)



  48. ゴルフ




    3代目ゴルフが登場した。スタイリングはキープコンセプトながら、空力を追求して曲面を多用し、オーバルヘッドライトの採用がイメージを大きく変えている。全幅が広がり、室内空間のゆとりも実現した。エンジンは直4で、従来のものを改良した1.8Lに加えゴルフ初の2Lも採用。トランスミッションもゴルフでは初めて4ATが採用されている。このほか安全性の高いボディ、リサイクルを考慮した素材の多用など、時代に合わせた配慮が盛り込まれている。まず導入されたグレードは1.8LのCLiが2ドアと4ドア、2LのGLiが4ドア。2ドアは右ハンドル、4ドアには左ハンドルも用意された。(1992.4)



  49. ゴルフ




    バッテリー容量をアップしたほか、CLiには無段階調節間欠ワイパー、残照装置付きルームランプ、読書灯、グローブボックス&アッシュトレイ照明を追加装備。タイヤ/ホイールサイズもインチアップされている。GLiにはヒーター付き電動リモコンドアミラーとチルト機構付きステアリングを採用した。(1992.10)



  50. ゴルフ




    安全面では、全車で前席左右エアバッグ、ABS、ハイマウントストップランプを標準装備化。またフロントシートのスライド量を18mm増加、CLiにセンターロッキング機構の装着、CLi、GLiにリヤパワーウインドウを装着するなど、快適装備もさらに追加された。(1993.10)



2 3 4 5 6 次へ  | 全290件 1ページ