2 3 4 5 6 次へ  | 全260件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. 240




    ミドルクラスのFRセダン、240シリーズのデビューは74年。セダンが244と264と呼ばれた。これはボルボが83年までシリーズ名+エンジン気筒数+ドア数、という法則に従って車名をつけていたからだ。つまり、244は200シリーズの4気筒エンジン、ドア数4枚=セダン、という具合。240シリーズが画期的であったのは、ボルボ=安全車というイメージを決定づけたことにある。大きなフロントバンパーはショック吸収式で、72年に発表したボルボの安全装備コンセプトカーから採り入れたものだ。80年代以降は2.3Lの直4をメインユニットとし、1.7Lの直4を搭載するモデルも存在する。(1989.10)



  2. 240






  3. 240






  4. 240






  5. 240エステート




    240シリーズのデビューは74年。エステートが245、265と呼ばれた。これはボルボが83年までシリーズ名+エンジン気筒数+ドア数、という法則に従って車名をつけていたからだ。つまり、245は200シリーズの4気筒エンジン、ドア数5枚=ワゴン、という具合。240シリーズが画期的であったのは、ボルボ=安全車というイメージを決定づけたことにある。そのことはアメリカ交通安全協会が240シリーズを購入し、車両安全基準を定めるためのモデルカーにまでした。80年代以降は直4 2.3Lをメインユニットとし、GLとGLEの2グレードのみ展開された。(1989.10)



  6. 240エステート






  7. 240エステート






  8. 240エステート






  9. 480




    86年のジュネーブショーで衝撃のデビューを飾ったボルボ480。ボルボ車初のFFレイアウトモデルとして誕生、翌年87年には早速市場に投入される。1800ESの流れを汲む特徴的なボディワークは、直線基調で構成された2ボックスデザイン2+2シーターの2ドアクーペスタイルで、一度見ると忘れられないほどアクの強いもの。低く構えたボンネットフードとリトラクタブルヘッドライトは、ボルボの歴史においてはかなりの異端児的存在と言えるであろう。搭載エンジンは2Lの直4DOHCターボで、115psを発生した。(1989.10)



  10. 740




    82年にデビューした、ボルボのフラッグシップモデルが700シリーズ。80年に発表されたVCC(ボルボコンセプトカー)のコンセプトを引き継いだモデルで、ターボエンジンや5リンクサスペンションなどの先進装備を満載した。直線的なボディスタイルにも注目が集まり、大型セダンシリーズには珍しい本格的なフロントエアダムを装備していたのも印象的。740は700シリーズの中でも廉価版に当たり、740の4は4気筒エンジンを搭載することを表している。最高出力&最大トルクの異なる2.3L直4エンジンを搭載するGLとGLEのほかに、ターボユニットが組み合わされたターボの3グレードが展開された。(1989.9)



  11. 740




    155psを発生する、2.0L直4ターボエンジンを搭載するGLTを追加。どのスピードレンジからでもターボによる加速感を実感でき、もっともスポーティな仕上がりを見せるモデルとなった。(1990.10)



  12. 740






  13. 740エステート




    ボルボのフラッグシップモデル、700シリーズのデビューは82年。元をたどれば80年に発表されたVCC(ボルボコンセプトカー)コンセプトにたどり着く。ターボエンジンや5リンクサスペンション、プリテンショナー付きシートベルトといった先進的な装備を標準とした。直線的なボディスタイルにも注目が集まり、大型ワゴンシリーズには珍しい本格的なフロントエアダムを装備していたのも印象的。740は700シリーズの中でも廉価版に当たり、740の4は4気筒エンジンを搭載することを表している。大柄で四角いスタイルゆえ、ワゴンスペースは広大で非常に使い勝手も良い。(1989.9)



  14. 740エステート




    155psを発生する、2.0L直4ターボエンジンを搭載するGLTを追加。どのスピードレンジからでもターボによる加速感を実感でき、もっともスポーティな仕上がりを見せるモデルとなった。(1990.10)



  15. 740エステート






  16. 760




    700シリーズはボルボのフラッグシップモデルとして82年に誕生した。そのベースとなったのは80年に発表されたVCC(ボルボコンセプトカー)のコンセプトにたどり着く。それをベースに作り上げられた結果、ターボエンジンや5リンクサスペンションなどの先進的な装備を標準とし話題を呼んだ。760は700シリーズの中では豪華仕様ともいうべきもの。760の6は6気筒エンジンを搭載することを表す。大柄で四角いスタイルゆえ鈍重なイメージを受けるが、実際はなかなかの走行性能を備える。グレードは、廉価版のGLEと高級版のエグゼクティブの2グレードのみ。(1990.1)



  17. 760エステート




    ボルボのフラッグシップモデル、700シリーズのデビューは82年。元をたどれば80年に発表されたVCC(ボルボコンセプトカー)のコンセプトにたどり着く。ターボエンジンや5リンクサスペンション、プリテンショナー付きシートベルトといった当時としては非常に先進的な装備を標準とした。直線的なボディスタイルにも注目が集まり、大型セダンシリーズには珍しい本格的なフロントエアダムを装備していたのも印象的。760は700シリーズの中では豪華仕様ともいうべきもの。760の6は6気筒エンジンを搭載することを表す。大柄で四角いスタイルゆえ、ワゴンスペースは広大で非常に使い勝手も良い。(1990.1)



  18. 780




    85年にデビューしたボルボのラインナップには珍しいビッグクーペ。北米ではこのボルボクーペがなかなかの好評を博したようで、同市場におけるクーペ需要の高さを物語る。ベースは700シリーズ。760GLEに搭載されていた145psの2.8LのV6SOHCエンジンを搭載する。特徴的なボディワークは、イタリアの名門カロッツェリア、ベルトーネのデザインによるもの。ボルボらしさとイタリアンデザインがマッチした、非常にクリーンなスタイルだ。内装もレザーやウッドなどが上品に配され、高級パーソナルクーペとしては申し分のない出来で、根強い人気を誇る。(1990.10)



  19. 850




    ボルボ新世代到来を告げるFF(前輪駆動)モデル。スタイリングは、それまでのボルボらしい角張ったラインをベースにしながらも、細部に曲線を使い、モダンな印象を与えることに成功している。850のデザインを担当したのは、ピニンファリーナであった。また、先進の衝撃分散・吸収システムSIPSの採用をはじめ、従来モデルから飛躍的な安全性の向上が図られている。2.5L直5エンジンをメインとし、デビュー時のグレードはGLTのみだったが、ライトプレッシャーターボモデルやハイパフォーマンスターボエンジンを加えるなど多様なラインナップ展開を見せることとなる。(1992.6)



  20. 850




    低回転域から中・高回転域までの広い回転域でフラットなトルク特性を実現したターボエンジン搭載モデルや、安全装備はそのままに、快適装備を省略したエントリーグレードのGLを追加。そのほか全モデルに、ヘッドライトの4灯式化、新デザインのバンパーの採用といった変更を加えた。(1993.10)



  21. 850




    量産市販車として世界で初めて、全車にサイドエアバッグ『SIPSバッグ』を標準装備。衝突からわずか0.012秒でバッグが膨張し、乗員を保護する。そのほか、GLE、GLT、ターボに本革シート、CDオートチェンジャーなどが標準装備となった。(1994.9)



  22. 850




    トラクションコントロールシステムなどを標準装備したうえで価格を400万円以下に抑えたエントリーモデルS2.5が追加設定された。GLE/GLTにクラシックパッケージを、またスポーツパッケージをそれぞれ設定した。(1995.9)



  23. 850




    実用域での使いやすさと、低燃費を実現させた新開発のライトプレッシャーターボ付き2.5L DOHC直列5気筒20バルブエンジン搭載の2.5Tが追加ラインナップ。併せてグレード名を全面的に変更。GLEを2.5、GLTを2.5 20V、ターボをT-5とした。(1996.7)



  24. 850エステート




    ボルボの新世代到来を告げる850シリーズのデビューは91年。FRシャーシに別れを告げ、車種展開に応用性のあるFFプラットフォームを用いて開発され、このエステートモデル追加と同時に、一気に人気モデルへと成長した。先進の衝撃分散・吸収システムSIPSの採用をはじめ、従来モデルから飛躍的な安全性の向上が図られた。グレードは、自然吸気の2.5L直5エンジンを搭載するGL、GLTのほかに、ライトプレッシャーターボを搭載するターボエステートもラインナップされた。セダンと同様の取り回しに、大容量のラゲージスペースを実現した実用性の高いモデルであった。(1993.10)



  25. 850エステート




    量産市販車として世界で初めて、全車にサイドエアバッグ『SIPSバッグ』を標準装備。衝突からわずか0.012秒でバッグが膨張し、乗員を保護する。そのほか、GLE、GLT、ターボに本革シート、CDオートチェンジャーなどが標準装備となった。(1994.9)



  26. 850エステート




    トラクションコントロールシステムなどを標準装備したうえで価格を400万円以下に抑えたエントリーモデルS2.5が追加設定された。GLE/GLTにクラシックパッケージを、またスポーツパッケージをそれぞれ設定した。(1995.9)



  27. 850エステート




    実用域での使いやすさと、低燃費を実現させた新開発のライトプレッシャーターボ付き2.5L DOHC直列5気筒20バルブエンジン搭載の2.5Tが追加ラインナップ。併せてグレード名を全面的に変更。GLEを2.5、GLTを2.5 20V、ターボをT-5とした。(1996.7)



  28. 940




    ボルボのトップレンジモデルとした君臨した900シリーズ。シリーズの源は82年の700シリーズになる。700シリーズが一部を除いてより上級志向の強い900シリーズへ移行したのは90年のこと。非常に角張ったデザインであった700シリーズに、ほんの少し丸みを帯びさせて、随所に高級感をもたせた仕様になったのが特徴だ。デビュー時は、2.3Lの直4SOHCエンジン搭載のGL、GLEと、同ターボ付きのターボの3グレード構成であった。組み合わされるミッションは4ATのみの設定。4気筒エンジンを積むのが940で、同じシリーズで6気筒エンジンを積むモデルは960と呼ばれる。(1990.10)



  29. 940






  30. 940






  31. 940






  32. 940




    電動ドアミラーなどを標準装備とするなど、装備の充実を図りながら前年モデルに比べ、-15万円の価格設定となった。また、ターボモデルでは、前年モデルから25馬力アップの190psとするなど、各グレードの出力向上が図られた。(1994.9)



  33. 940






  34. 940






  35. 940






  36. 940エステート




    ボルボのトップレンジモデルとして君臨した900シリーズ。シリーズの源は80年に発表されたVCC(ボルボコンセプトカー)のコンセプトに基づいて開発された700シリーズ。700シリーズが一部を除いてより上級志向の強い900シリーズへ移行したのは90年のこと。非常に角張ったデザインであった700シリーズにほんの少し丸みを帯びさせて、随所に高級感をもたせた仕様になったのが特徴だ。デビュー時は、2.3Lの直4SOHCエンジン搭載のGLEと、同ターボ付きのターボの2グレードのみの構成であった。エステートには5人乗りのほか、サードシートを備えた7人乗り仕様も存在した。(1990.10)



  37. 940エステート






  38. 940エステート






  39. 940エステート






  40. 940エステート




    電動ドアミラーなどを標準装備とするなど、装備の充実を図りながら前年モデルに比べ、-15万円の価格設定となった。また、ターボモデルでは、前年モデルから25馬力アップの190psとするなど、各グレードの出力向上が図られた。(1994.9)



  41. 940エステート






  42. 940エステート






  43. 940エステート






  44. 960




    900シリーズはボルボ最後のFRモデルで、960の6は6気筒を意味する。シリーズの源は82年の700シリーズ。80年に発表されたVCC(ボルボコンセプトカー)のコンセプトを引き継いだモデルで、ターボエンジンや5リンクサスペンションなど先進装備を満載した。角張ったデザインであった700シリーズに、ほんの少し丸みを帯びさせて随所に高級感をもたせた。ボルボの中でもトップレンジに位置する大柄なセダンだが、運動性能は見かけによらずなかなかのものであった。デビュー当初、日本へはベースモデルのみ導入された。(1990.10)



  45. 960




    3L直6 24バルブエンジンを搭載する24バルブを追加設定。また、同モデルをベースに、全長を150mm、全高を10mm高めたエグゼクティブサルーンモデルであるエグゼクティブも同時にラインナップされた。(1991.10)



  46. 960






  47. 960






  48. 960




    1400カ所を超える大幅な刷新を実行。バンパーをボディ同色とするなど、フラッグシップモデルとしてより高級感が高まった。また、新開発のマルチリンク式リアサスペンションを採用することで、乗り心地を大幅に向上させた。この時の改良から2.5Lモデルが追加されている。(1994.9)



  49. 960






  50. 960






2 3 4 5 6 次へ  | 全260件 1ページ