2 3 次へ  | 全103件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. 718ボクスター




    1950年代から60年代にかけて、タルガフローリオやルマンなど数々のレースで優勝を飾った、水平対向4気筒エンジンを搭載したポルシェ718の伝統を継承したモデル。最大の特徴は、水平対向4気筒ターボが採用されたこと。よりパワフルに、そして燃料効率も改善された。ボクスターには、最高出力300psを発生する2Lエンジンが、ボクスターSには、同350psを発生する2.5Lエンジンが採用された。それぞれ先代モデル比+35psのパワーアップを果たしている。トランスミッションは、いずれも6速MTと7速ツインクラッチ式のPDKを用意。大型エアインテークが備わるフロントフェイスなど、デザインも一新された(2016.2)



  2. 718ケイマン




    名前が718ケイマンと改められた2シーターミッドシップスポーツ。エンジンは、最高出力300ps/最大トルク380N・mを発生する2Lと同350ps/420N・mを発生する2.5Lの水平対向4気筒の2種を用意。いずれもターボが装着されたことで、先代モデルより25psの出力向上を果たした。シャシーは快適性の向上とダイナミックなコーナリングを目指し刷新された。ブレーキも強化されたうえ、衝突や追突の衝撃をエアバッグのセンサーが検知し自動ブレーキをかける、マルチコリジョンブレーキシステムが標準装備された。また独自のインフォテイメントシステム、ポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)も新たに採用されている(2016.4)



  3. 911




    ドライバビリティの向上を狙ってリアサスペンションにはマルチリンク方式を採用した993型。エクステリアデザインは911そのものだが、空力対策を施した結果、959と共通点を見いだせるエアロボディへと変化を遂げている。エンジンは旧型から引き継いだ3.6L水平対向6気筒に6MTもしくは4速のティプトロニックを組みあわせている。(1994.1)



  4. 911




    3.6L水平対向エンジンを根本的に改良。新しいエンジンマネージメントシステムとデュアルエグゾーストシステムにより、最高出力は272psを発揮する。また、4WDのカレラ4は駆動システムを大きく軽量化、4WDによるパワーロスも減少させ、最高のトラクション性能をさらに走りへと結びつけている。(1994.10)



  5. 911






  6. 911






  7. 911




    リアエンジンリアドライブのポルシェにとって空冷から水冷へと一大転機となったモデルがこの996型のポルシェ911。アルミを多用した主要なシャーシに安全性の向上したボディが被さる。(1998.4)



  8. 911






  9. 911






  10. 911




    インテリアの改良が中心とで、オプションの電動シートと連動する運転席のメモリー機能、電動でトランクリッドとエンジンフードをオープンできる解除ボタンの採用などだ。また、ポルシェの全てのモデルに、小型LEDを使ったインテリア・オリエンテーション・ライトが装備された。(2000.9)



  11. 911




    大きく変わったのは自然吸気のカレラシリーズ。エンジンは3.6Lとなり、GT2やターボに装備されていたバリオカム・プラスも採用されて320psへとパワーアップ。同時に燃費の向上や排気ガス基準のクリアも実現している。外観もヘッドライト形状をターボと共通のものとして、イメージの共通化が図られている。(2001.9)



  12. 911




    基本ラインナップに大きな変更はなく、3.6L水平対向6気筒ツインターボの911GT2、911ターボ、自然吸気の911カレラ、911カレラ4、911カレラ4Sが設定されている。(2002.9)



  13. 911




    911 GT2、911ターボ、911カレラ4S、911カレラ、911カレラ4に加え、911GT3とGTカテゴリーレースへのホモロゲーションモデルでもある911GTSも登場。大きくバリエーションが広がっている。最強のスペックを誇る911GT2は、最高速度319km/h、0-100km/h加速わずか4秒というパフォーマンスを発揮する。(2003.8)



  14. 911




    初めて水冷エンジンを搭載した996に続き、さらに進化したエンジンを搭載した997が2004(H16)年8月に登場。丸型ヘッドライトを採用した外観は911の伝統ともいえるもの。新しいデザインのボディパネルラインやリアスポイラーなど、911らしさと新しさを併せ持つスタイルだ。エンジンはキャリーオーバーとなる3.6Lのボクサー6がカレラに搭載され、新開発の3.8Lのボクサー6がカレラSに搭載される。カレラSは0→100km/hを4.8秒で駆け抜け、最高速は290km/Lに達する。アクティブサスペンションのPASMはカレラSに標準装備される。(2004.8)



  15. 911






  16. 911




    個性的な大型ガラスサンルーフを採用した911タルガシリーズに4WDモデルのタルガ4とタルガ4Sの2グレードが追加された。また、レース参戦を前提としたホモロゲーション用車両の911GTR RSが登場。(2006.8)



  17. 911




    2008年モデルとなり、価格の変更が行われた。また、最高出力530psを誇るGT2が追加されている。(2007.8)



  18. 911






  19. 911




    シリーズ中、最もスポーティなグレード「GT3」の排気量が200cc拡大され、3.8Lとなった。あわせて、従来型では吸気側のカムシャフトのみだったバリオカムが、排気側もコントロールするようになった。また、極めてスポーティなセッティングの横滑り防止装置、PSMもGT3に初採用された。(2009.7)



  20. 911




    2011年モデルの発表に合わせ価格が見直され、ベースモデルの911カレラや、カレラ4に変更はないものの、他モデルは2010年モデルと比較して26万円〜74万円の価格上昇となった。(2010.7)



  21. 911




    ETCが全車に標準装備された。同時に装備の変更などを行うことなく、価格の見直しを実施。大幅なプライスダウンが実現されている。なお2012モデルより、911カレラに最高出力408psを達成するフラッグシップモデル、911カレラ4GTSクーペが追加された。(2011.6)



  22. 911




    初代モデルの登場から48年という歴史を誇り、その特徴的なRRレイアウトから、世界中で高い人気を誇るジャーマンスポーツカーの7代目。精緻にデザインされたディテールにより、一目見ただけで911とわかるボディシルエットは健在。ただし100mm延長されたホイールベースやワイドフェンダーなどで、よりワイド&ローな印象が強められた。伝統のボクサー6は911が3.4L、911Sは3.8Lとなる。いずれも出力アップをしながらも鉄とアルミによる軽量設計のボディシェルや高効率なトランスミッションPDKと組み合わされることで、燃費性能が向上。またマニュアルトランスミッションの選択も可能で、こちらは世界初の7段式が採用された(2011.11)



  23. 911




    2013年モデルはアルミニウムとスチールを組み合わせたインテリジェント構造の軽量ボディや新デザインの電動ドアミラーなどを採用。また、エンジンの出力を高めながら燃費やCO2排出量を抑えるなど、スポーツ性能と日常の利便性という相反する要素を融合させた(2012.6)



  24. 911




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  25. 911




    4灯式ウエルカムホームライトを備えるヘッドライトなど、外観デザインを刷新。エンジンは従来型の3.6L NAユニットから、3Lの水平対向6気筒ツインターボに変更された。従来型のカレラ、カレラS比でそれぞれ+20psのパワーアップを果たしながら、燃費性能も向上した(2015.9)



  26. 911カブリオレ




    伝統的なスポーツカーの形を受け継ぐカブリオレボディは、その高性能に合わせてさらに改良が施されている。時速270km/hのトップスピードでも変形せず、風切り音も抑えられたソフトトップは、モーターによる完全自動により13秒で開閉可能。後席には2+2として不可欠な3点式シートベルトも装備された。(1994.10)



  27. 911カブリオレ






  28. 911カブリオレ




    300psを発揮するエンジン、軽合金製のシャシーとサスペンションなど、クーペと全く同じ性能を持ちながらオープンエアモータリングを楽しめるカブリオレとして誕生。全自動ソフトトップに加え、アルミニウム製の超軽量ハードトップも標準装備。フルオープン時にも有効なサイドエアバッグ、通常はリアシートの後部に収納され、転倒の危険を感知すると自動的に立ち上がるロールバーなどが、フルオープンの開放感と安全性を両立させている。(1998.4)



  29. 911カブリオレ






  30. 911カブリオレ






  31. 911カブリオレ




    小型LEDを使ったインテリア・オリエンテーション・ライトが装備された。これはフットウェル・ライト内に組み込まれ、明るさを2段階に切り替えが可能。さらに運転席側のドアハンドルや左右ドアオープナーのくぼみにもLEDが組み込まれている。(2000.9)



  32. 911カブリオレ




    エンジンは3.6Lとなり、GT2やターボに装備されていたバリオカム・プラスも採用されて320psへとパワーアップ。同時に燃費の向上や排気ガス基準のクリアも実現している。外観もヘッドライト形状をターボと共通のものとして、イメージの統一化が図られた。同時にリアウインドウは樹脂製からガラスに変更。後方視界とメンテナンス性をアップしている。オープンエアモデルとして、カブリオレの他にこの2002年モデルから911タルガも復活した。(2001.9)



  33. 911カブリオレ




    基本ラインナップに大きな変更はなく、3.6L水平対向6気筒911カレラ・カブリオレと911カレラ4・カブリオレという設定。このほかオープンエアボディでは911タルガもある。(2002.9)



  34. 911カブリオレ




    911カレラと911カレラ4をベースにしたカブリオレを設定。従来は停止中だけに限られていた開閉操作が、50km/h以下であれば走行中にも可能になっている。(2003.8)



  35. 911カブリオレ




    ピュアスポーツの911カレラと911カレラSのドライビングプレジャーにオープンカーならではの爽快感を付加したのがポルシェ911カブリオレ。グレードはクーペと同じで3.6Lエンジンを搭載する911カレラカブリオレと同3.8Lエンジンの911カレラカブリオレSの2モデル。4輪すべてに4ピストン対向式モノブロックキャリパーとドリルホール付きベンチレーテッドディスクが採用され、オプションとしてレスポンス、耐摩耗性、耐久性、重量などすべての面で優れた性能を発揮するポルシェセラミックコンポジットブレーキも設定されている。(2005.2)



  36. 911カブリオレ




    マルチプレート式のビスカスカップリングによって駆動力を変更する4WDシステムを採用したカレラ4/4Sを追加するとともに、車両本体価格を変更した。(2006.8)



  37. 911カブリオレ




    2008年モデルとなり、価格の変更が行われた。(2007.8)



  38. 911カブリオレ






  39. 911カブリオレ




    販売価格の見直しなどが図られた。また、2010年モデルより、新車の保障期間が従来の2年から3年間に延長された。(2009.7)



  40. 911カブリオレ




    2011年モデルの発表に合わせ価格が見直され、ベースモデルの911カレラカブリオレや、カレラ4カブリオレ、ターボカブリオレに変更はないものの、他モデルは2010年モデルと比較し、28万円〜43万円の価格上昇となった。(2010.7)



  41. 911カブリオレ




    ETCが全車に標準装備された。同時に装備の変更などを行うことなく、価格の見直しを実施。大幅なプライスダウンが実現されている。なお2012モデルより、911カレラに最高出力408psを達成するフラッグシップモデル、911カレラ4GTSカブリオレが追加された。(2011.6)



  42. 911カブリオレ




    世界唯一のRRレイアウトスポーツカーとして人気の高い911のルーフを取り去ったゴージャスなカブリオレモデルがクーペから約1ヵ月遅れでフルモデルチェンジを果たした。新たに採用されたユニークなソフトトップにより、クーペの個性的なルーフラインを維持しながら、閉じた状態では、カブリオレであることをアピールする。また軽量構造を採用することで、従来型のカブリオレより大幅な軽量化が図られた。エンジンはクーペモデルを踏襲。911は3.4L、911Sは3.8Lとなる。いずれも出力アップをしながらも、鉄とアルミによる軽量設計のボディシェルや高効率なトランスミッションPDKと組み合わされることで燃費性能は向上を果たしている(2011.11)



  43. 911カブリオレ




    2013年モデルはアルミニウムとスチールを組み合わせたインテリジェント構造の軽量ボディや新デザインの電動ドアミラーなどを採用。また、エンジンの出力を高めながら燃費やCO2排出量を抑えるなど、スポーツ性能と日常の利便性という相反する要素を融合させた(2012.6)



  44. 911カブリオレ




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  45. 911カブリオレ




    4灯式ウエルカムホームライトを備えるヘッドライトなど、外観デザインを刷新。エンジンは従来型の3.6L NAユニットから、3Lの水平対向6気筒ツインターボに変更された。従来型のカレラ、カレラS比でそれぞれ+20psのパワーアップを果たしながら、燃費性能も向上した(2015.9)



  46. 918スパイダー






  47. 928




    ポルシェが企画した911シリーズの上級モデルとなるグランツーリスモがこの928。登場は’77年まで遡る。斬新な2+2のクーペスタイルは、ポップアップする丸形のヘッドライトが特徴。924同様にトランスアクスル方式のFR(後輪駆動)を採用しエンジンにはアルミ製のシリンダーブロックとヘッドをもつV8エンジンを搭載。デビュー当初は4.5Lだったが、最終的には5.4Lまで進化した。(1994.10)



  48. 968






  49. 968




    丸いポップアップ式メインヘッドランプ、フロントデザインと一体化したバンパー、カーブしたフェンダーの流線的フォームなど、ポルシェのアイデンティティを典型的に受け継いだデザインが特徴。エンジンは3Lの直4DOHCで176kwを発揮する。ミッションは6MTまたはティプトロニック。前席左右にエアバックを装備、ABSも標準装備とし、安全性も水準の高さを誇っている。(1994.10)



  50. 968カブリオレ






2 3 次へ  | 全103件 1ページ