| 全42件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. ミニ




    アレックス・イシゴニスが開発した初代ミニはエンジンを横置きに搭載するFF車という当時としては画期的な発想で作られ、40年近くにわたって生産が続けられた。ミニのブランドを購入したBMWは、初代ミニのコンセプトを今に受け継ぎながら、現代の技術によって高い操縦安定性、安全性、走行性能などを備えた新時代のミニを作り上げた。3ドアハッチバックの外観デザインはどこから見てもミニであり、インテリアもセンターメーターなどによってミニの伝統を今に受け継いでいる。エンジンはクライスラーとの共同開発による1.6Lの直4とスーパーチャージャー仕様が用意される。(2002.3)



  2. ミニ




    外観ではグリル周辺とヘッドライトが変更、キセノンライトが追加された。またインテリアも小変更を行っている。(2004.9)



  3. ミニ






  4. ミニ




    先代のデザインコンセプトを継承、内外装とも見た目の印象はさほど変わらない。実際は、屋根以外のボディパネルがすべて新設計になるなど一新され、全長は約40mm長くなり安全性能も向上した。BMWが開発した新エンジンが採用され、クーパーにバルブトロニック機構付き1.6Lの直4DOHC、クーパーSにハイパワーな直噴1.6Lの直4DOHCターボを搭載する。ATはパドルシフト付きステアリングを装着。足回りは先代を踏襲するが、リアサスペンションロッドを軽量化し乗り心地が向上。エンターテインメント・システムの表示と操作機能が追加されたセンターメーターは大型化したが、センターコンソールは細身になり足元スペースは拡大した。(2007.1)



  5. ミニ






  6. ミニ




    減速時に生じる運動エネルギーを電力に変換する、ブレーキエネルギー回生システムを全車に採用。またMT車にはエンジン・スタートストップ機能が追加され、最大で約33%、燃費性能が向上している。これにより、MTを搭載するワンとクーパーはエコカー減税50%適合になった。(2010.5)



  7. ミニ




    フロントバンパーやサイドスカットルなどの外装デザイン、操作スイッチなどの内装色が変更され、質感の向上が図られた。リアコンビランプ内にはLEDライトが採用されている。なお、この変更を機に新たにクーパーSのAT車がエコカー減税の対象車となった。(2010.10)



  8. ミニ




    MTのみだったミニのハイパフォーマンスサブブランド「ジョンクーパーワークス」に6速AT搭載モデルがラインナップ。また、エンジンに可変バルブタイミングの「バルブトロニック」と直噴技術が採用され、力強さと環境性能が両立されている(2012.10)



  9. ミニ




    BMWに開発・製造が移ってから3代目となるミニ。丸型ヘッドライトや六角形のグリルなど、ひと目でミニとわかるデザインアイコンが継承されている。LEDヘッドライトやなだらかに下がるルーフラインなど最先端技術と現代的なデザインが組み合わされ、ミニブランドの今後をけん引するモデルとして進化している。また、従来のセンターメーターの位置にディスプレイが設置され、メーターパネルがステアリングコラム上に配置されるなど、イメージが刷新されている。エンジンは、クーパーが1.5Lの直3ターボを、クーパーSが2L 直4ターボを採用。いずれのモデルもMTとATが選択できる(2014.4)



  10. ミニ




    3ドアと5ドアのクーパー(AT車)の燃費性能が従来型比+0.4km/Lの18.3km/Lに向上。エコカー減税対象モデルとなっている。また、従来オプションでも用意されていたITSスポット対応のETC車載器「自動防眩機能付ルームミラー」が標準装備されるなど、装備も見直されている(2015.8)



  11. ミニ




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2017.4)



  12. ミニクラブマン




    3ドアハッチバックのミニをベースに全長を240mm、ホイールベースを80mm延ばし、後席とラゲージを広くしたのがクラブマン。英国で狩猟の際に使われるシューティングブレークをコンセプトに取り入れたという独特なスタイルをもつ。リアハッチは左右に開く観音開きのスプリットドアを採用。右側ドアには進行方向と逆に開き、後席への乗降性を高めるクラブドアが追加される。広くなった室内は後席の足元が80mm延び、ラゲージ容量は260〜930Lが確保された。エンジンはクーパーに可変バルブ制御を採用した120psの1.6L、クーパーSにはツインスクロールターボを装備した175psの1.6L直噴を搭載。ミニ同様、多彩なオプションと内外装色を用意。(2007.10)



  13. ミニクラブマン






  14. ミニクラブマン




    減速時に生じる運動エネルギーを電力に変換する、ブレーキエネルギー回生システムを全車に採用。またMT車にはエンジン・スタートストップ機能が追加され、最大で約33%、燃費性能が向上している。これにより、MTを搭載するクーパークラブマンはエコカー減税50%適合になった。(2010.5)



  15. ミニクラブマン




    フロントバンパーやサイドスカットルなどの外装デザイン、操作スイッチなどの内装色が変更され、質感の向上が図られた。リアコンビランプ内にはLEDライトが、ラゲージにはローラー・ブラインド式のラゲージ・ルーム・トリムが、それぞれ採用されている。(2010.10)



  16. ミニクラブマン




    MTのみだったミニのハイパフォーマンスサブブランド「ジョンクーパーワークス」に6速AT搭載モデルがラインナップ。また、エンジンに可変バルブタイミングの「バルブトロニック」と直噴技術が採用され、力強さと環境性能が両立されている(2012.10)



  17. ミニクラブマン




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  18. ミニクラブマン




    MINIのシューティングブレークモデルの2代目。従来のMINIとは一線を画すモデルで、ボディサイズをひと回り大きくしたプレミアムコンパクトセグメントに属するモデルとなっている。先代比で全長が+290mmの4270mm、全幅は同+115mmの1800mmに拡大。従来モデルに比べてリアシートを中心に室内空間が広くなり快適性が高められている。エンジンは最高出力136ps/最大トルク220N・mを発生する1.5L直3ターボと、同192ps/280N・mを発生する2L直4ターボをラインナップ。前者には6速ATが、後者には8速ATが組み合わされる。ラゲージ容量は360Lを確保している(2015.11)



  19. ミニクラブマン




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2017.4)



  20. ミニクロスオーバー




    ハッチバック、コンバーチブル、クラブマンに続く第4のミニとして用意されたSUVモデル。ハッチバックよりも120mm高い全高や、高い位置に設定されたシートポジション、シリーズ最大のボディサイズなどにより、自由度の高いキャラクターが与えられている。外観はMINIらしさを受け継ぎながらも、独自のキャラクターとなっており、大きなウインドウと4枚のドアが備えられている。1.6Lターボエンジンを搭載する最上級グレードであるクーパーS ALL4には、同ブランドでは初となる4WD仕様が与えられた。この4WDは、電子制御油圧デフにより、前後の駆動力配分を前:0/後:100から前:100/後:0まで、無段階に制御するハイテクシステムとなる。(2011.1)



  21. ミニクロスオーバー




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  22. ミニクロスオーバー




    ラジエターグリルのデザインなどが変更されている。また、最高出力112ps/最大トルク270N・m(JC08モード16.3km/L)と、同143ps/305N・m(同16.6km/L)という2種類の2L直4ディーゼルターボ搭載モデルが設定されている(2014.9)



  23. ミニクロスオーバー






  24. ミニクロスオーバー




    メーカー希望小売価格を見直し、一部グレードに新価格が適用された。(2017.7)



  25. ミニクーペ






  26. ミニクーペ




    MTのみだったミニのハイパフォーマンスサブブランド「ジョンクーパーワークス」に6速AT搭載モデルがラインナップ。また、エンジンに可変バルブタイミングの「バルブトロニック」と直噴技術が採用され、力強さと環境性能が両立されている(2012.10)



  27. ミニクーペ




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  28. ミニコンバーチブル




    ミニを幌タイプのソフトトップ仕様に仕上げたのがミニコンバーチブル。いつでもオープンにした状態で走ることを基本に開発された。電動式のソフトトップはわずか15秒と非常に短い開閉時間を実現。このソフトトップは前端部だけを開閉できるサンルーフ機能も備えている。室内には大人4人がしっかり座れる4シーター設計がなされていて、万一の横転時に乗員を守る高強度アルミニウム製のロールオーバーバーを装備している。クーパーには1.6LのNA、クーパーSには1.6Lのスーパーチャージャー仕様が搭載され、5MT/6MT/CVTと組み合わされる。(2004.9)



  29. ミニコンバーチブル






  30. ミニコンバーチブル




    ベースであるミニに遅れること1年。コンバーチブルも2代目へと進化を遂げた。内外装のデザインこそキープコンセプトとなるが、新開発されたエンジンが採用され、クーパーには120ps/16.3kg-mを発揮するバルブトロニック機構付き1.6L 直4DOHCが、クーパーSにはツインスクロールターボを備え、175ps/24.5kg-mとよりパワフルな1.6L 直4DOHCターボが搭載される。組み合わされるミッションは、両モデルとも6速のATとMTで、燃費性能も先代より最大40%改善されている。また、サイドウインドウの大型化や格納式アクティブロールオーバーバーの採用などで後方視界の向上を図り、ラゲージ容量も拡充された。(2009.4)



  31. ミニコンバーチブル




    減速時に生じる運動エネルギーを電力に変換する、ブレーキエネルギー回生システムを全車に採用。またMT車にはエンジン・スタートストップ機能が追加され、最大で約33%、燃費性能が向上している。これにより、MTを搭載するクーパー、クーパーSはエコカー減税50%適合になった。(2010.5)



  32. ミニコンバーチブル




    フロントバンパーやサイドスカットルなどの外装デザイン、操作スイッチなどの内装色が変更され、質感の向上が図られた。リアコンビランプ内にはLEDライトが用いられている。またクーパーには、ホワイト・ターンシグナル・ライトが採用された。(2010.10)



  33. ミニコンバーチブル




    MTのみだったミニのハイパフォーマンスサブブランド「ジョンクーパーワークス」に6速AT搭載モデルがラインナップ。また、エンジンに可変バルブタイミングの「バルブトロニック」と直噴技術が採用され、力強さと環境性能が両立されている(2012.10)



  34. ミニコンバーチブル




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  35. ミニコンバーチブル




    2014年春に発表された3代目のミニ3ドアをベースにしたオープンモデル。大人4名が乗車して爽快なドライビングを楽しむモデルに仕立てられている。屋根にはソフトトップが採用されているが、こちらは時速30km/hまでの走行中に開閉が可能。さらにスライディングルーフ機能も装備されたことで、気軽に開放感を得ることが可能。万が一の車両横転時に後席乗員を保護するロールオーバープロテクションシステムは、よりボディデザインに溶けこませるなど、モダンでスタイリッシュな印象が与えられた。エンジンはミニ3ドアと同じで、1.5Lの直3ターボと2種類の2L直4ターボを用意(2016.3)



  36. ミニコンバーチブル




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2017.4)



  37. ミニペースマン




    ミニクロスオーバーをベースに、ショルダーラインから上を2ドアクーペのようなデザインにしたスポーツ・アクティビティ・クーペ。ミニの7番目のモデルとなる。美しいクーペ・デザインを採用することで洗練されたエレガントさを表現している。後席は、ミニでは初となるラウンジコンセプトを採用。大人4人がゆったりとくつろげる空間が与えられている。エンジンは1.6LのNAとターボが用意され、ターボには4WD仕様もラインナップ。組み合わされるトランスミッションは全グレードとも6速のMTとATを選ぶことができる(2013.3)



  38. ミニペースマン




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  39. ミニペースマン




    ラジエターグリルのデザインなどが変更されている。また、最高出力112ps/最大トルク270N・m(JC08モード16.3km/L)と、同143ps/305N・m(同16.6km/L)という2種類の2L直4ディーゼルターボ搭載モデルが設定されている(2014.9)



  40. ミニロードスター




    MINIでは初となるオープントップの2シーターモデル。「ゴーカート・フィーリング」と称される同ブランドならではの高い走行性能とオープンモデルの開放感、さらにロードスターのエレガントなデザインの融合が果たされた。エクステリアはエンジンルーム/キャビン/ラゲージスペースの3部分に分かれる3ボックスボディ構造を採用。同じオープンモデルのミニコンバーチブルと比較するとスポーティでエレガントなデザインが実現された。エンジンは1.6LのNAとターボで、ターボはモデルにより184ps/211psという2種類の出力特性が与えられる。全5モデル中3モデルがエコカー減税の対象になるなど高い環境性能も付加された(2012.1)



  41. ミニロードスター




    MTのみだったミニのハイパフォーマンスサブブランド「ジョンクーパーワークス」に6速AT搭載モデルがラインナップ。また、エンジンに可変バルブタイミングの「バルブトロニック」と直噴技術が採用され、力強さと環境性能が両立されている(2012.10)



  42. ミニロードスター




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



| 全42件 1ページ