2 次へ  | 全100件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. ルーテシア






  2. ルーテシア






  3. ルーテシア




    日本でのラインナップ上、エントリーモデルとなるルーテシア。3ドアと5ドアが設定されたハッチバックボディはひと回り大きくなるとともに、ホイールベースが延長されたことと合わせ、室内空間や荷室容量が拡大された。エンジンは1.6Lの直4DOHCの1機種で、82kW/151N・mのパワー&トルクを発生する。駆動方式はFFのみで、マニュアルモード付きの電子制御プロアクティブ4速ATと組み合わされる。輸入コンパクトカーとしては最多の13色のボディカラーが用意され、毎月異なるボディカラーをベースにした特別仕様車が設定されるなど、独特のマーケッティング戦略も展開される。(2006.3)



  4. ルーテシア




    ユーロ高により車両価格が改定された。改定されたのは車両価格のみでオプション、アクセサリーの価格は変更されていない。(2006.12)



  5. ルーテシア






  6. ルーテシア




    新しいフロントフェイスが採用されるなど、マイナーチェンジが施された。ドアミラーの大型化など視認性の向上も図られている。室内では、ダッシュボードにソフト素材が使用されるなど、質感だけでなく衝突時の安全性も追求。また、オン/オフスイッチ付きESPも標準装備された。(2010.3)



  7. ルーテシア




    ルノーの新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」を採用した初めての市販モデル。大きなルノーロゴが配されたフロントグリルが特徴的で、リアドアのハンドルをサッシ(窓枠)に隠すことで5ドアでありながら3ドアのようなスポーティなスタイルを演出している。エンジンは、最高出力120ps/最大トルク190N・mを発生する1.2Lの直3ターボ。組み合わされるトランスミッションは、新開発の6速ツインクラッチ「エフィシェントデュアルクラッチ(EDC)」となる。また、内外装の組み合わせや、内装パーツのセットオプションなどユーザーによるカスタマイズが可能となっている(2013.9)



  8. ルーテシア




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  9. ルーテシア




    1.2L直4ターボのトルク性能が従来型比+15N・mの205N・mへと向上、ツインクラッチのギア比を見直すことで、変速のスムーズさと加速性能が向上された。また、アイドリングストップ機構のストップ&スタート機能により燃費性能が向上。上級モデル、インテンスの内装が一部変更された(2016.2)



  10. ルーテシア






  11. ルーテシア






  12. 21






  13. 25






  14. 5






  15. アヴァンタイム






  16. アルピーヌ






  17. アルピーヌ






  18. ウインド




    5ナンバーサイズのコンパクトハッチバック、トゥインゴをベースとした、クーペとロードスター(オープン)の2つのスタイルが楽しめるオープンカー。開発はルノーのスポーツモデルやレースカーを開発、製造するルノー・スポールが担当。足回りやブレーキシステム、ステアリングフィールなどスポーティなキャラクターが演出された。最大の特徴は、わずか12秒で開閉する電動回転格納式ハードトップが採用されたこと。ハードトップはトランクリッド部に格納される構造のため、トランク内の荷物を気にする必要がなく、他社クーペカブリオレモデルとの大きな差別点になる。駆動系は1.6LのDOHCターボ+5速MTの組み合わせとなる。(2011.7)



  19. カジャー






  20. カングー




    本国では商用車として使われることが多いクルマだが、日本ではレジャーユースのマルチパーパスカーとして人気を集めていて、ルノーブランドの中でも最もよく売れるといえるほどだ。背の高い独特のパッケージングを採用したハイトワゴンとして広い室内をつだけでなく、スライドドアを採用した後席左右の乗降性や、荷物の積み降ろしが容易なバックドアなど、使い勝手の面でも優れている。エンジンは1.4Lの直4SOHCで、55kW114N・mのパワー&トルクを発生し、4速ATと組み合わされる。(2002.3)



  21. カングー




    フロントデザインが変更され、ルノー車に共通する顔に変わった。さらにバックドアもハッチバックのほかに観音開きのダブルバックドアが設定された。またエンジンが1.6Lの直4DOHCに変わり、学習機能付きのプロアクティブ4速ATと組み合わされた。(2003.8)



  22. カングー




    外観ではフルカラードバンパーを採用し、内装ではアームレストやシートバックテーブルの採用など装備を充実させている。(2006.1)



  23. カングー




    ユーロ高により車両価格が改定された。改定されたのは車両価格のみでオプション、アクセサリーの価格は変更されていない。(2006.12)



  24. カングー




    新しいデザインのシート生地を採用した。標準モデルは上質な印象に、オーセンティックはツートンカラーでカジュアルな印象に仕上がっている。また、リアのサイドボードに、アウトドアなどで便利な、12Vの電源プラグを装着している。(2007.5)



  25. カングー






  26. カングー




    車両価格を2.3%〜2.4%値上げした。オプションやアクセサリーの価格は据え置きのまま。(2008.4)



  27. カングー




    ラテン語で遊びを意味する「LUDOS」とフランス語で空間を意味する「ESPACE」を組み合わせた「LUDOSPACE(ルドスパス)」がコンセプト。セニックをベースとしたボディは先代より大幅に拡大された。広い室内空間の実現と居住性、積載性の向上が徹底的に図られている。荷室はシートをすべて起こした状態で660L、ハンドルを引くだけでフォールドする後部座席を折り畳めば2866Lの容量が実現された。二重構造フロアや遮音材などを追加し、静粛性の向上も図られている。エンジンは最高出力78kW(105ps)、最大トルク148N・mを発生する1.6Lの直4 DOHC。モノグレードで、ミッションのみ5速マニュアルか、4ATかの選択が可能となる。(2009.9)



  28. カングー




    大きく角度が立てられたルノーロゴや、そこからヘッドライトまでつながるブラックグリルバーなど、新世代のルノーデザインが採用されている。また、モデルバリエーションが、標準グレードのZEN(ゼン)と、仕事や遊びでの使い勝手を高めたACTIF(アクティフ)の2グレード構成となっている(2013.8)



  29. カングー




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  30. カングービボップ






  31. キャプチャー




    ルノーの新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」の2番目である「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマとするコンパクトクロスオーバー。大径ホイールと高い地上高、傾斜の強いフロントガラスによって特徴的なプロポーションとなっている。また、2トーンのボディカラーやシートなど、遊び心あふれるデザインとなっている。エンジンはルーテシアと同じ、最高出力120ps/最大トルク190N・mを発生する1.2Lの直3直噴ターボ。組み合わされるミッションは、6速のツインクラッチ式エフィシェントデュアルクラッチとなる(2014.2)



  32. キャプチャー




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  33. キャプチャー




    1.2L直4ターボエンジンのトルク性能を従来型比+15N・mの205N・mへと向上させ、ツインクラッチのギア比を見直すことで、変速のスムーズさと加速性能の向上を実現。また、アイドリングストップ機構のストップ&スタート機能が採用されたことで、燃費性能も向上した(2016.3)



  34. グランセニック




    これまでもメガーヌをベースにしたミニバンとしてセニックが作られてきたが、現行メガーヌではセニックのほかにホイールベースを延長したミニバンのグランセニックが設定され、日本にはこのモデルだけが導入されている。7人乗りの3列シートレイアウトで2列目のシートは独立したシートが配置されている。3列目のシートは簡単な操作で床下に格納できる。エンジンは2Lの直4DOHCで、98kW/191N・mのパワー&トルクを発生する。ルーフは標準のほかガラスルーフの設定もある。ユーロNCAPで5つ星の評価を受ける高い衝突安全性能を備える。(2005.9)



  35. グランセニック




    バンパーとサイドのモールをボディ同色に変更、LEDリアランプも採用した。開放感ある室内に貢献するパノラミックガラスサンルーフは赤外線遮断率を向上。ジュニアシート装着時の首やシートベルトの位置をサポートするチャイルドヘッドレストなども採用している。(2007.5)



  36. グランセニック






  37. コレオス




    ルノー初のクロスオーバーカーで、フランス車らしい快適な乗り心地と優れた走破性を兼ね備えたモデル。フロントサスペンションには防振インシュレーター入り井桁サブフレームが採用され、高速走行時の安定性を向上。リアサスペンションはマルチリンクとなり、大型アームブッシュが装着され、振動の減少と走行性能の向上が図られている。用意されるエンジンは2.5Lの直4DOHCで、組み合わされるミッションは700パターンから最適な変速パターンを選択するCVT。駆動方式は4WDで、日産が開発した走行状況に応じて常に最適な前後トルクを配分するオールモード4×4-iシステムを搭載するなど、走りの良さも自慢。(2009.5)



  38. コレオス




    内外装の意匠を変更し質感の向上が図られた。新たに大型のラジエターグリルが与えられたエクステリアは、タフでダイナミックかつモダンな印象に一新。ボディカラーも3色の新色が追加された。室内はシート形状やメーターのデザインを変更し、質感と機能性の向上が図られている(2012.1)



  39. コレオス




    ブリリアントブラックのラジエターグリルに大きなルノーロゴが備わる新デザインのフロントデザインが与えられた。また、新たにBOSE社製のサウンドシステムや、木目調の加飾が施されるなど内装も変更されている。安全装備では、並走する車両などが死角に入った際に危険を警告する「ブラインドスポットワーニング」が採用されている(2013.11)



  40. コレオス




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  41. サフラン






  42. サフラン






  43. セニック






  44. セニック






  45. セニック






  46. セニックRX-4






  47. トゥインゴ






  48. トゥインゴ






  49. トゥインゴ






  50. トゥインゴ






2 次へ  | 全100件 1ページ