| 全41件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. エキシージ




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2016.8)



  2. エキシージ






  3. エキシージSロードスター




    ロータスのハイパフォーマンス2シータークーペであるエキシージのオープンモデル。ルーフには、軽量なソフトトップが採用され、車重はベース車に比べて−10kgの1170kgとなる。エアフローを最適化するため、リアウィングとフロントスプリッターが取り払われ、控え目なスタイリングに仕上げられている。パワートレインは、クーペと同様で、最高出力350ps/最大トルク400N・mを発生する3.5L V6エンジンと6速MTとの組み合わせ。0-100km/h加速は4.0秒を達成している(2014.9)



  4. エキシージSロードスター




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2015.9)



  5. エキシージSロードスター




    メーカー希望小売価格を見直し、新価格が適用された。(2016.11)



  6. エキシージスポーツ350ロードスター




    エキシージSロードスターをベースに、ルーバー装着のテールゲートパネルの採用や、バッテリーおよびエンジンマウント、防音材の最適化など、徹底的に軽量化が施された高性能モデル。エキシージSロードスター比で55kgの軽量化が図られ、車両重量は1115kgを実現している。また、リアウイングとフラットな底面など、空力性能の向上も図られた。ダンパーやジオメトリーの見直しなど、足回りにも手が加えられている。これらにより、0-100km/h加速は3.9秒(MT車)を実現した(2016.8)



  7. エキシージスポーツ350ロードスター






  8. エスプリ




    ヨーロッパに代わるフラッグシップカーとして1975(S50)年に登場。スタイリングはイタリアの巨匠G・ジウジアーロ。1987(S62)年にはそのデザインをベースに名デザイナー、ピーター・スティーブンスが改良を加えた。1993(H5)年、265psのターボエンジンを搭載するS4の登場で、一気に高性能GTスポーツの仲間入りを果たす。1996(H8)年にはV8エンジンを搭載。コンパクトなV8はツインターボ化で355psを発生した。軽量なハンドリングマシンとして生まれ、フェラーリなどと渡り合う性能のスーパーカーとして30年近くの長きにわたって発展した、希有なモデルである。(1993.1)



  9. エラン




    ロータスの創始者C・B・チャップマンが小型で軽量、高スポーツ性能の初代エランを発表したのは1962(S37)年。後にロータス市販モデルの定番となるFRPボディ+鋼板製バックボーンフレームの組み合わせの始まりでもあった。1973(S48)年に初代は生産を終えたが復活を望む声が多く、1989(H1)年に新世代のエランが発表された。第2世代はエアコンなど快適装備や豪華な内装が与えられ、車重も重くなった。駆動方式はロータス初のFF。パワーユニットは同じGMグループのいすゞジェミニのエンジンとギアボックスを流用した。1.6L直4DOHCが標準だが、ターボを積むSEもあった。(1989.1)



  10. エリーゼ






  11. エリーゼ






  12. エリーゼ




    バリエーションを整理して、ベースとなるエリーゼのほか、111系の3グレードのバリエーションに整理され、価格も引き下げられた。(2004.2)



  13. エリーゼ




    これまでローバー製のエンジンを搭載していたスタンダードモデルのロータスエリーゼSをトヨタ製1.8L直4エンジンに換装して発売した。可変バルブタイミング機構を搭載し、最高出力136ps、最高時速205km/hに達するパフォーマンスを発揮する。(2006.7)



  14. エリーゼ




    為替レートの変動(ポンド高)により車両価格が改定された。(2007.4)



  15. エリーゼ






  16. エリーゼ




    フロントフェイスやリアのデザインなど、エクステリアに変更が加えられた。また、エントリーモデルのエンジンが従来の1.8Lから1.6Lへとダウンサイズされている。ただし、バルブマチックやデュアルVVT-iなどにより、従来モデルと遜色ない最高出力と高い燃費性能が実現された。(2010.9)



  17. エリーゼ




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  18. エリーゼ






  19. エリーゼ




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2015.9)



  20. エリーゼ






  21. エリーゼ




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2016.8)



  22. エリーゼ






  23. ヨーロッパ




    同社のエリーゼの上級モデルとして登場したヨーロッパSはエリーゼと同じ押し出しアルミ素材を接着&リベットで強固に接合した車台を与えられている。これは、ジャガーXKやアストンマーチンなどにも技術供与されている極めて軽量かつ精度の高い車台を作る生産方法だ。1tを切る車体に横置きにミッドシップマウントされるのはGM製の2L直4ターボエンジン。ミッションは6MTのみ。インテリアはエリーゼと異なり、床全面にカーペットが敷き詰められ、サイドシルを低く、ルーフラインを高くすることで乗降性も向上している。これに合わせて、ハンドリングもマイルドにセッティングされて、長距離や日常的な運転もしやすくなった。(2006.7)



  24. ヨーロッパ




    為替レートの変動(ポンド高)により車両価格が改定された。(2007.6



  25. ヨーロッパ






  26. 3-イレブン






  27. エヴォーラ




    ロータス自慢のアルミバスタブシャーシ技術を活用。全長4344mmのミッドシップボディに2+2のシートレイアウト(2シーター仕様も選択可能)を実現させたGTカー。エンジンはトヨタ製3.5LのV6 DOHCで、6速MTが組み合わされる。エンジンは最高出力280ps、最大トルク342N・mを発生、1350kgのボディを0→100km/h、5秒で加速させる。サスペンションはアルミ製のダブルウィッシュボーンで、ビルシュタインダンパー+アイバッハスプリングが組み込まれている。ブレーキもボッシュ製と走りの装備は充実。またパワーステアリングの採用を筆頭に、タッチスクリーン式マルチメディアシステムやレカロ製の本革シートなど充実の装備が施された。(2009.6)



  28. エヴォーラ






  29. エヴォーラ




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  30. エヴォーラ






  31. エヴォーラ




    ロータスの最上級2+2クーペであるエヴォーラのハイパフォーマンスモデル「エヴォーラ400」が設定されている。3.5LのV6スーパーチャージャーエンジンは、最高出力が従来型比+56psの406psに向上。また、重量は従来型より22kg軽量化されている(2015.11)



  32. エヴォーラ




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2016.8)



  33. エヴォーラ






  34. エキシージ




    初代モデルと同様、ロード向けのレースカーという特徴的なコンセプトで作られているのが2004(H16)年5月に登場した2代目のエキシージ。アルミ素材を使ったボディは軽自動車並みの軽さで、リアのミッドシップにトヨタ製の1.8L直4DOHCエンジンを搭載し、パワーウエイトレシオは161kW/t(4.56kg/ps)と優れた値になる。エンジンは可変バルブタイミング機構のVVTL-i付きで、これと6速MTとの組み合わせによって軽快でスポーティな走りが楽しめるモデルでなっている。0→100km/h加速は5.2秒とされている。(2004.5)



  35. エキシージ




    為替レートの変動(ポンド高)により車両価格が改定された。(2007.4)



  36. エキシージ






  37. エキシージ




    フロントグリルが拡大され、空力性能の改善とよりスポーティな外観へ変更が施された。リアウイングも大型化し、高速走行時のダウンフォースが強化された。(2009.10)



  38. エキシージ




    アルミ結合構造を採用したクローズドルーフ・ミッドシップモデル。パワートレインは、最高出力350ps/最大トルク400N・mを発生するトヨタ製3.5L V6スーパーチャージャーエンジンと6速MTの組み合わせ。最高時速は271kmとなる。ブレーキは、APレーシング製の4ポッドアルミ合金製キャリパーにベンチレーテッドクロスドリルドブレーキディスクが組み合わされ、強力な制動力を発揮する。さらに、ツアー/スポーツモードといった走行モードをコントロールする「ダイナミックパフォーマンスマネージメントシステム(DPM)」を装備。これにオプションで「レースモード」も追加設定できる(2013.7)



  39. エキシージ




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  40. エキシージ






  41. エキシージ




    メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2015.9)



| 全41件 1ページ