2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ  | 全870件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. 180SX




    1988(S63)年に発売されたS13型シルビアのハッチバックモデル。リトラクタブルヘッドライトやリアの大きなリアゲートが特徴だが、エンジンやトランスミッションなどのメカニズム、内装のほとんどのパーツがシルビアと共通。5ナンバーサイズのボディとFRの駆動方式、そして175psを発生する1.8Lの直4ターボエンジンなどの機能性が若者に大人気となりヒットモデルとなった。グレードはタイプIとタイプII の2モデルで、どちらも5MTと4ATの選択が可能。タイプII には後輪操舵システム“ハイキャスII ”や、フロント&リアのスポイラーなどがオプションで用意されていた。(1989.4)



  2. 180SX




    エンジンを2Lに換装。最高出力は205psとなった。同時にハイキャスも進化し電動式の“スーパーもつシートを採用した。(1991.1)



  3. 180SX




    シルビアはFMCを行い、S14型となったが、180SXはそのまま生産を継続。ボディカラーを一新したほか、エアコンの新冷媒化などを行った。またグレード体系を一新し、タイプR、タイプXの2グレード構成となった。(1994.1)



  4. 180SX




    運転席SRSエアバッグを全車に標準化。装備では新デザインの15インチアルミホイールの装着や新色のボディカラーを追加するとともに、フッ素樹脂のクリア塗装を施すことで優れた撥水性&耐久性を実現するスーパーファインコートを採用。(1995.5)



  5. 180SX




    エアロタイプの大型フロントバンパーやスカイライン風の丸型テールランプ、大型リアスポイラーなどの装着により外観をリフレッシュ。同時にオートエアコンやABSが全車に標準となった。また、初のNAエンジン搭載モデル、タイプSを設定。(1996.8)



  6. 180SX




    2LのNAエンジンを搭載するタイプSをベースにオーディオやエアコンなど快適装備を充実させたタイプGを設定。同時にタイプSにはサイドシルプロテクターと大型リアウイングを装着し、よりスポーティなフォルムとなった。(1997.10)



  7. AD




    ウイングロードをベースに、見映えよりもコストパフォーマンスを追求したビジネスユース向けバン。ライバルはトヨタプロボックスやホンダパートナー(エアウェイブベース)。ウイングロードより荷室の床を低くし、ホイールハウス間の室内寸法を拡大することで、積載量が大幅にアップした。室内ではインストパネルに、メモを直接書き込める便利なホワイトボードを標準装備。さらに、コンビニフックやペンホルダー、助手席の背もたれを前に倒すと現れるノートパソコンが使える折り畳み式テーブルなど、仕事をする上で使いやすいように工夫されている。エンジンは1.2L、1.5Lの2種類。ミッションは4ATのみ。(2006・12)



  8. AD






  9. AD






  10. AD






  11. AD




    全車に電源コンセントとアシストグリップが標準設定された。また、DXグレードを除くモデルのドアミラーがエクステリアカラーと同色に変更されている。(2010.8)



  12. AD




    2012年7月以降の生産車に適用される安全法規に対応し一部グレードの前席ハイバックシートのヘッドレスト上端が延長された。また全グレードで後席中央シートベルトのタングの形状も変更されている(2012.5)



  13. AD




    インパネのカラーをブラックにするなど質感が高められている。また、メーターのデザインが変更され、瞬間燃費と平均燃費、航続可能距離が表示できる燃費計が標準化された。1.5Lエンジン搭載車はCVTを採用することでJC08モード燃費が17.4km/Lに向上。エコカー減税の対象となっている(2013.5)



  14. AD




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  15. AD




    2016年4月より適用されるオフセット衝突時の乗員保護の技術基準および、2016年8月より適用される自動車の電磁両立性(EMC)の技術基準へ適合された(2016.1)



  16. AD-MAXバン






  17. AD-MAXバン






  18. AD-MAXバン






  19. AD-MAXバン






  20. AD-MAXバン






  21. AD-MAXバン






  22. AD-MAXワゴン




    ADワゴンの派生モデルとなるちょっと変わったスタイルのステーションワゴン。BピラーまではADワゴンだが、その後ろを若干延長するとともにボックス形状のキャビンを架装。1200mm以上の荷室高をもつビッグなラゲージスペースを確保している。定員は5名だがドアはフロントとリアの両開きハッチだけ。そのためリアシートへのアクセスは、2ドア車のように助手席に用意されたウォークイン機構を利用することになる。エンジンは1.5Lの直4の1種類。5MTと4ATが設定されるが駆動方式はFFのみ。パワーステアリング&ウインドウ、マニュアルエアコン、リアワイパーなどが標準装備となる。(1992.4)



  23. AD-MAXワゴン




    フロントバンパーとホイールカバーのデザインを変更。同時に上位モデルのSLXには電動格納式ミラーや、集中ドアロック連動の電磁ロックをバッグドアに採用。新たに廉価モデルのLEをラインナップするとともに、5MTを廃止し4ATのみに。(1993.8)



  24. AD-MAXワゴン




    前席パワーウインドウ、電動格納式ドアミラー、集中ドアロックをセットにした“らくらくパック”を設定。同時にABSもオプションとして用意された。(1994.8)



  25. AD-MAXワゴン




    運転席SRSエアバッグを全車に標準化。外観はフロントグリルのデザインを変更した。また1.5LのガソリンエンジンをEGI化して動力性能の向上を図った。(1995.6)



  26. ADエキスパート




    ビジネスユースを考えて、ベースとなったウイングロードの荷室を低床化し、ホイールハウスの車内側への張り出しを少なくすることで積載量を大幅に拡大したモデル。同じくビジネス向けのADに対して、前後バンパー、ドアミラー、ドアハンドルがボディ同色となるなど、上級モデルとして差別化が図られている。ビジネス向けに便利な装備として、ダッシュボード上のホワイトボードや100V電源、多彩な収納、助手席シート裏にノートパソコンを置いて作業ができる折り畳み式のテーブルなどを装備する。エンジンは1.5Lに加えて、ADには設定のない1.8Lの2種類を用意。ミッションは 4ATのみ。(2006.12)



  27. ADエキスパート






  28. ADエキスパート






  29. ADエキスパート






  30. ADエキスパート




    全車に電源コンセントやアシストグリップ、インテリジェントキー&エンジンイモビライザーが標準設定された。また、ドアミラーがエクステリアカラーと同色に変更されている。(2010.8)



  31. ADエキスパート




    2012年7月以降の生産車に適用される安全法規に対応し一部グレードの前席ハイバックシートのヘッドレスト上端が延長された。また全グレードで後席中央シートベルトのタングの形状も変更されている(2012.5)



  32. ADエキスパート




    インパネのカラーをブラックにするなど質感が高められている。また、メーターのデザインが変更され、瞬間燃費と平均燃費、航続可能距離が表示できる燃費計が標準化された。1.5Lエンジン搭載車はCVTを採用することでJC08モード燃費が17.4km/Lに向上。エコカー減税の対象となっている(2013.5)



  33. ADエキスパート




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  34. ADエキスパート




    2016年4月より適用されるオフセット衝突時の乗員保護の技術基準および、2016年8月より適用される自動車の電磁両立性(EMC)の技術基準へ適合された(2016.1)



  35. ADバン






  36. ADバン






  37. ADバン






  38. ADバン






  39. ADバン






  40. ADバン






  41. ADバン






  42. ADバン






  43. ADバン






  44. ADバン






  45. ADバン






  46. ADバン






  47. ADバン






  48. ADワゴン




    コンパクトワゴンのサニーカリフォルニアと基本構造を共通化した兄弟車がこのADワゴン。ボディサイズやインテリアデザインは共通で、フロントグリルのデザインなどが若干異なる程度。サニーカリフォルニアが後にウイングロードとしてパーソナル感を強めていくのに対し、こちらはあくまでもビジネスユースを視野に入れたベーシックモデルといえる。エンジンは1.3Lと1.5Lの直4、そして1.7Lのディーゼルも設定される。基本はFFだが1.5Lには4WDモデルも用意。ミッションは1.3Lが5MTと3AT、1.5Lと1.7Lのディーゼルは5MTと4ATとなる。(1990.10)



  49. ADワゴン




    1.7Lのディーゼルエンジンを平成2年度規制に対応するためリファイン。MT車にはEGRを新たに採用しNOxの低減を実現。すでにEGRを採用しているAT車は、システムを強化して排気ガスのクリーン化を実現した。(1991.11)



  50. ADワゴン




    バックドアキーコントロールを全車に標準装備したほか、最上級グレードのSLXのシートカラーをグレーからブルーに変更した。(1992.6)



2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ  | 全870件 1ページ