2 3 次へ  | 全116件 1ページ

セダン ハッチバック クーペ オープン ステーションワゴン ミニバン クロカン・SUV ピックアップトラック トラック その他

  1. ATS




    メルセデス・ベンツ CクラスやBMW 3シリーズなど、強豪ひしめくエントリーラグジュアリー市場に、キャデラックブランドとして初めて投入された新型モデル。アルミ素材を多様することで、重量を1580kgに抑えた軽量ボディや、前後のサスペンション形式などを刷新した新型後輪駆動アーキテクチャーが採用されている。また、スマートフォン感覚で、情報やエンタテインメントシステムを統合制御する、独自のユーザーインターフェイス「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」も搭載。パワートレインは、最高出力:276ps/最大トルク:353N・mを発生する新開発の2リッター直噴ターボエンジンと、6速ATとの組み合わせとなっている(2013.3)



  2. ATS




    前方車両のヘッドランプやテールランプを感知した場合、ハイビームを自動的にロービームに切り替える「インテリビーム機能」や、フロント・アクセサリーランプが標準装備されている。また、室内ミラーがフレームレスタイプに変更されている(2013.9)



  3. ATS




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  4. ATS






  5. ATS






  6. ATS






  7. ATS






  8. ATSクーペ




    キャデラックのDセグメントモデル、ATSの2ドアクーペ。全長とホイールベースはセダンと共通だが、全高が15mm低く、全幅が40mm広げられ、独自のスタイリングとなっている。ルーフ、ドア、リアフェンダーとトランクリッドなどには専用デザインが採用。独自のフロントマスク、セダンより拡大された前後トレッド、短いオーバーハングが力強さを演出している。エンジンはセダンと同じく最高出力276ps/最大トルク400N・mを発生する2Lの直4直噴ターボを搭載。トランスミッションもセダンと同じ、パワーと燃費効率を両立した6速ATが組み合される(2015.3)



  9. ATSクーペ




    メーカー希望小売価格を見直し、新価格が適用された。(2015.7)



  10. ATSクーペ






  11. CT6






  12. CTS




    キャデラックのユーザー層を広げ、また新しいブランドイメージを作るためのテーマとした“アート&サイエンス”を具現化したエントリーモデル。引き締まったシャープな面で構成されるボディラインが大きな特徴で、縦型のディスチャージヘッドライトやテールランプ、格子状のグリルやエンブレムはキャデラックの伝統を受け継ぐ。エンジンは2.6Lと3.6LのV6DOHCで、駆動方式はFRを採用し、電子制御5速ATが組み合わされる。安全装備はABS、トラクションコントロール、横滑り防止のスタビリトラックなどが標準で装備されている。(2003.3)



  13. CTS




    細部の変更を行った04年モデルを発表。(2004.1)



  14. CTS




    新開発の2.8Lと3.6LのV6エンジンを搭載したほか、インテリアはメータークラスターパネルのデザインを変更して高級感を高めた。電動スライディングルーフをオプション設定(2.8Lはナビゲーションとセット)した。(2004.11)



  15. CTS




    マニュアル操作が可能なドライバーシフト・コントロール機構を左ハンドル車の5速ATに採用。インテリアのウッドトリムを拡大し、ボディカラーを変更した。アルミホイールのデザインを変更した。(2005.12)



  16. CTS




    2007(H19)年モデルとなり、ウッドのシフトレバーが本革とクロームのシフトレバーに変更された。(2007.1)



  17. CTS




    GMのプレミアムブランド、キャデラックのミドルクラスサルーン。大型デュアルフロントグリルと縦型ヘッドライトの最新デザインアイコンをもつ外観は、スポーティさを強調。クーペ風の流れるようなラインに大きく張り出したフェンダー、サイドエアベントも採用された。走りにかかわる足回りや車速感応式ステアリングなどは、過酷といわれるドイツニュルブルクリンクサーキットで開発が行われた。ハンドクラフトを効果的に取り入れた高級なインテリアの室内は、メタル調パーツでスポーティさも表現。インパネを前方に配置、ゆったりした空間となっている。3.6LのV6の直噴エンジンも採用。(2007.10)



  18. CTS






  19. CTS




    2.8L V6エンジンに代わり、新型の直噴3.0L V6エンジンが新たに導入された。仕様ガソリンは従来型同様、レギュラーガソリン仕様となる。またこの変更に伴い、ラインナップも刷新され、3.0スタンダード、3.0ラグジュアリー、3.0プレミアム、3.6プレミアムの計4モデルとなった。(2010.1)



  20. CTS




    3Lエンジンを搭載するプレミアムのインストルメントパネルやステアリングなどに、高級なサペリウッドトリムが採用された。さらに3L/3.6Lのプレミアムはステアリングヒーターを装備。3L/3.6Lのプレミアムと6.2LのCTS-Vには、後退時に便利なリアビューカメラが追加されている。(2010.11)



  21. CTS




    新デザインのフロントグリルが採用された。また3.6Lエンジンを改良し、エンジン本体の軽量化とハイパワー化が図られている。装備面も見直され、前席にアクティブヘッドレストが採用された。またこの変更を機に3L車と3.6L車いずれもエコカー補助金の適用対象となっている(2012.3)



  22. CTS




    キャデラックの伝統的なデザインやラグジュアリー、テクノロジーをさらに進化させたミディアムラージキャデラックの3代目。ボディサイズは従来型より100mmも拡大している。前後重量配分を理想的な50:50にするなど、精密なハンドリングが追求されている。また、BOSE社と共同開発したアクティブノイズキャンセレーションを装備。サペリウッドやカーボンファイバーがトリムに用いられるなど、静粛性や快適性も高められている。パワートレインは、最高出力276ps/最大トルク400N・mを発生する2L 直4ターボと6ATの組み合わせとなる(2014.4)



  23. CTS






  24. CTS






  25. CTS






  26. CTS






  27. CTSクーペ




    キャデラックのエントリーモデル、CTSのデザインエッセンスを取り入れた2ドアクーペ。セダンのCTSより、全長は−70mm、全幅は逆に+50mmというサイズにスタイリッシュなボディが与えられた。ラインナップは、CTSクーペとハイパフォーマンスバージョンのCTS-Vクーペの2モデル。エンジンは、CTSクーペが最高出力311ps/最大トルク38.1kg-mを発生させる3.6Lの直噴V6DOHC、CTS-Vには同564ps/同76.1kgm という高出力の6.2LのV8DOHC+スーパーチャージャーになる。また、車両の安全性を高める横滑り防止装置のスタビリトラックや、リアビューカメラシステムなどの先進のテクノロジーが搭載されている。(2010.12)



  28. CTSクーペ




    新デザインのフロントグリルや前席アクティブヘッドレスト、サイドブラインドゾーン・アラートシステムなどが採用された。また本体の軽量化とあわせ3.6Lエンジンを改良しハイパワー化が図られている。またこの変更を機に3L車と3.6L車いずれもエコカー補助金の適用対象となっている(2012.3)



  29. CTSスポーツワゴン




    キャデラックブランドのエントリーセダン、CTSに追加された、初のワゴンモデル。全長、ホイールベースはベースとなったセダンと同寸のボディサイズながら、使い勝手が良いカーゴルームを備え、高さ調整メモリー機能付きパワーリフトゲートが装備されるなど、ワゴンとしての機能性も追求されている。エンジンは、新採用の高出力低燃費な直噴3Lと定評のある直噴3.6Lの2タイプのV6を用意。どちらのエンジンともLSDとの組み合わせにより、スポーツセダンに引けを取らない軽快でスポーティな走りを実現しているという。グレードは3Lが装備の違いによる3グレード展開となり、3.6Lは最上級グレードとして1モデルが用意される。(2010.2)



  30. CTSスポーツワゴン




    3Lエンジンを搭載するプレミアムのインストルメントパネルやステアリングなどに高級木材のサペリウッドトリムが採用された。さらに3Lと3.6Lのプレミアムには、寒冷期の運転時にハンドルを電熱線で暖める快適機能、ステアリングヒーターが装備されている。(2010.11)



  31. CTSスポーツワゴン




    新デザインのフロントグリルが採用された。また3.6Lエンジンを改良し、エンジン本体の軽量化とハイパワー化が図られている。装備面も見直され、前席にアクティブヘッドレストが採用された。またこの変更を機に3L車と3.6L車いずれもエコカー補助金の適用対象となっている(2012.4)



  32. DTS




    キャデラックの最上級モデルであるドゥビルが大幅なMCによってモデル名をDTSに変更した。伝統を受け継ぐとともに、外観には最新のアート&サイエンスのコンセプトを融合させている。バイキセノンヘッドライトやLEDテールランプなどの最新の仕様を採用した。インテリアはクリーンで立体的な面構成に変更され、高級な自然素材の採用によって洗練された質感の高い空間を作っている。エンジンは4.6LのV8で、217kWのパワーを発生し、4速ATが組み合わされる。現在のキャデラックでは唯一FF車となる。(2006.6)



  33. DTS




    2007(H19)年モデルとなり、18インチのクロームアルミホイールが標準装備となった。内装ではシートトリムのデザインを、ココアアクセント入りに変更している。(2007.1)



  34. DTS




    本国での最上級グレード、プラチナエディションのみのグレード展開とした。グリルやホイールはクローム、タスカニーレザーを用いたシートやライトパールドアッシュウッドトリムなど上級モデルに相応しい高級な内外装をもつ。(2008.1)



  35. DTS




    ボディカラーに新色ラジアントシルバーとブルーダイヤモンドが追加。インテリアカラーはエボニーおよびライトリネン/ココアアクセントが標準カラーとなっている。ちなみにこの2009年モデルが、DTSの日本導入最終モデルになる。(2009.3)



  36. SRX




    CTSで開発されたシグマアーキテクチャーと呼ぶFRプラットフォームをベースに、AWD機構をプラスしたSUV。シャープな面で構成されるデザインはアート&サイエンスの流れの中にあるもので、大幅な改良を受けた新世代のノーススターエンジンである4.6LのV8エンジンはパワー&トルクは238kW/420N・mと余裕十分で、5速ATが組み合わされる。横滑り防止のスタビリトラック、マグネティック・ライド・コントロール、トラクションコントロール付きABSなど安全装備を装着。2列または3列シートの7人乗りの室内はフルフラット化が可能なほか、3列目の電動格納も可能だ。(2004.1)



  37. SRX




    新たに3.6LのV6エンジンを搭載してラインナップを拡大。新エンジンは190kW/344N・mのパワー&トルクを発生する。インテリアはメーターパネルのデザインを変更して高級感を高め、オプション装備を充実させた。(2004.11)



  38. SRX




    キーレスエントリーシステムのボタン操作で電動でリアゲートを開閉できるパワーリフトゲートを装備。またドアの開口部の変更によって乗降性が向上したほか、新デザインの17、18インチホイールを採用。(2006.6)



  39. SRX




    2007(H19)年モデルとなり、右ハンドル仕様をラインナップした。4.6Lエンジン搭載モデルには、STS-Vと同じ新型6ATを搭載。またインテリアデザインも変更されている。オプションで専用デザインのバンパーなどを装着するスポーツパッケージも用意される。(2007.1)



  40. SRX






  41. SRXクロスオーバー




    キャデラックのミドルサイズSUVであるSRXが、フルモデルチェンジを機に、機動性や操作性を向上させたプレミアムクロスオーバー車に路線変更。車名もSRXクロスオーバーに改められた。ボディは全長、ホイールベースが縮小された。エンジンはキャデラックCTSなどにも搭載される直噴3LのV6DOHCで、先進の電子制御LSD付AWD(オールホイールドライブ=4WD)システムと新ボディ構造により、最高水準の走行性能と安全性との両立が目指されている。また、クロスオーバーならではの充実した積載能力も追求。フレキシブルなカーゴルームを備え、高さ調整メモリー機能付パワーリフトゲートが標準装備されるなど、高い機能性が与えられた。(2010.12)



  42. SRXクロスオーバー




    内外装の意匠が変更されている。また、レーダーとカメラによる衝突事前警告機能などの安全装備が採用された。スマートフォンのように、情報やオーディオを操作できる独自のインターフェイス「CUE」システムの導入など快適装備も充実している(2013.1)



  43. SRXクロスオーバー




    上級モデルのプレミアムに、前方車両のヘッドランプやテールランプを感知した場合、ハイビームを自動的にロービームに切り替える「インテリビーム機能」が装備された(2013.9)



  44. SRXクロスオーバー




    2014年4月1日以降の消費税率(8%)に基づき、価格を修正した(2014.4)



  45. SRXクロスオーバー




    自動ブレーキやレーンキープアシストなどの安全装備が上級グレードのプレミアムに採用されている。なお、カラーバリエーションも一部見直されている(2015.1)



  46. SRXクロスオーバー




    警告振動機能付セーフティアラートドライバーシートや前方衝突事前警告機能、フォワードコリジョンアラート、エマージェンシーブレーキシステムなどが、ラグジュアリーモデルに採用されている。また、統合制御ナビシステム「CUE(キャデラックユーザーエクスペリエンス)」も標準装備されている(2015.11)



  47. STS




    セビルの後継モデルとなるラグジュアリィなパフォーマンスセダン。基本プラットフォームはシグマアーキテクチャーと呼ぶFR車用のもので、外観デザインもシャープな面で構成されるアート&サイエンスのコンセプトに基づくものとなった。エンジンは3.6LのV6と4.6LのV8の2機種で、ともに可変バルブタイミング機構を採用するなど、最新の技術が盛り込まれパワフルに仕上がっている。マニュアル操作が可能な電子制御5速ATと組み合わされ、4.6L車にはFRのほかにAWD車の設定もある。キャデラックビジョンやボーズサウンドシステムなどの快適装備が全車に標準で装着される。(2004.11)



  48. STS




    フロントシートクーラーを全グレードに標準装備し、ラグジュアリーパッケージのシート表皮を高級なトスカーナ産レザーに変更した。ボディカラーに2色の新色を追加して全8色とした。(2006.1)



  49. STS




    2007(H19)年モデルとなり、4.6Lエンジン搭載モデルに、STS-Vと同じ新型6ATを搭載。シフトゲートの形状も変更されている。これによりドライバー・シフト・コントロールがさらに使いやすくなっている。(2007.1)



  50. STS




    新型CTSと同様、グリルとバンパー下部のエアインテークが同じデザインのフロントマスクとなった。STS-V以外では、ステアリングデザインと室内パネル素材をサペリウッドに変更、右ハンドル仕様も設定された。また、3.6Lは新型直噴V6エンジンを搭載、ATも6速に変更された。(2007.9)



2 3 次へ  | 全116件 1ページ